スキタイ文化(読み)スキタイぶんか

百科事典マイペディアの解説

スキタイ文化【スキタイぶんか】

前6世紀―前3世紀に,黒海北岸を中心とする南ロシアの草原地帯に栄えたイラン系騎馬民族スキタイSkythaiによる文化。前6世紀に黒海北岸に国家を建設し,前4世紀に最も繁栄,前260年ころサルマート人に圧迫されて衰退した。ユーラシア草原地帯における最初の遊牧文化で,動物意匠を透彫風に表出した青銅器が特色,動物の姿態や狩猟のさまを表した貴金属製品も多い。こうした動物意匠はシベリア,モンゴル,中国北辺からも発見され,東西文化の交流を物語っている。
→関連項目狩猟文動物意匠ノイン・ウラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スキタイぶんか【スキタイ文化】

前7世紀から前3世紀にかけて黒海北岸の草原地帯を中心として成立した騎馬遊牧民族スキタイの文化。史上最古の騎馬遊牧民の文化の一つとして知られる。広義には,スキタイと同時代に北方ユーラシアにひろまった同様の騎馬遊牧民族の文化をも〈スキタイ文化〉と呼ぶ場合がある。 スキタイ文化の主要な遺跡は多数の高塚(クルガン)と集落址である。スキタイ高塚の発掘は18世紀に始まり今日に至るまで継続され,レニングラードのエルミタージュ美術館を中心に多くの金銀製の華麗な出土品が収集されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スキタイ‐ぶんか ‥ブンクヮ【スキタイ文化】

〘名〙 遊牧騎馬民族スキタイの文化。金、銀、青銅などの金属器をもつ文化で、遊牧生活を反映して動物意匠を基調とする独特な美術を生んだ。武器や車馬具の発達で知られ、その動的な鳥獣文様はスキタイ文様といわれる。とくに造形美術の様式はユーラシア内陸に広く伝わり、東方、中国を経て、日本の美術にも影響を与えた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android