コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殉葬 じゅんそう

4件 の用語解説(殉葬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

殉葬
じゅんそう

王侯の死の際,臣下従者が殉死し,それをともに葬ることをいう。古代のエジプトメソポタミア,中国などにみられる。中国の殷の大墓には発掘により多くの殉死者があったことが明らかになっており,墓の入口を守る人や馬などの動物も葬られていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

殉葬【じゅんそう】

王侯の死に際し,従者や侍女を殉死させて葬る古代の風習。エジプト第1王朝のメネスナルメル)王墓,メソポタミア初期王朝のウルの王墓などに著しい。中国では,河南省安陽県武官村にある(いん)の大墓に見られるが,その殉葬は殺して埋葬した殺殉が大半を占め,中には断頭した殺頭葬もあることが特徴。
→関連項目殉死墳墓

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんそう【殉葬】

王侯貴族など主人の墓に,死者の供として妃妾や従者を同時に葬ること,およびその遺構をいう。墓の大小にかかわらず殉葬を伴うのは支配階級の墓であり,権力の大小は別にして,それらを王墓,首長墓などと呼んでいる。それぞれの社会と同じような来世の存在を信じていた時代の風習で(来世観),古文献によると,生きながら埋められた場合もあった。人間に限らず犬や馬を葬ったものも殉葬というが,犠牲として区別すべきものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

殉葬
じゅんそう

主君や夫の死後、後を追って臣下や妻が死ぬことを殉死といい、死者である主君や夫と同時に殉死者を葬ることを殉葬という。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の殉葬の言及

【墳墓】より

…特殊な副葬品として,中国では漢代以来,日本では奈良時代の墓に2例,来世の土地所有権を保証する買地券(ばいちけん)を入れたものがある。 死者に添えて人,家畜を埋めるのは殉葬(じゆんそう)である。エジプト第1王朝ジェセル王墓に伴う墓には女官275人,侍臣43人が殉葬されていた。…

※「殉葬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone