コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクリャービン(スクリアビン) Scriabin, Alexander

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

スクリャービン(スクリアビン)

ロシアの作曲家、ピアニスト。帝政末期のモスクワに生まれる。父は外交官、母は有能なピアニストで、1歳の時に母が病死したため、父方のおばに育てられる。陸軍幼年学校に通いながら、83年にゲオルギイ・コニュ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

スクリャービン(スクリアビン)の関連キーワードスクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第2番「幻想ソナタ」 嬰ト短調/piano soloスクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第7番「白ミサ」/piano soloスクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第4番 嬰ヘ長調/piano soloスクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第3番 嬰ヘ短調/piano soloスクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第9番「黒ミサ」/piano soloスクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第1番 ヘ短調/piano soloスクリャービン(スクリアビン):2つの左手のための小品/piano soloスクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第6番/piano soloスクリャービン(スクリアビン):詩曲「焔に向かって」/piano soloスクリャービン(スクリアビン):幻想曲 ロ短調/piano solo山田 耕筰:スクリャービンに捧ぐる曲/piano soloモギレフスキー アレクサンドルヴィヴィアナ ソフロニツキーアレクサンドル ギンディンスタニスラフ ネイガウスレオニド サバネエフエフゲニ マリーニンプロメテウス―火の詩ラザール ベルマンスクリャービィン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android