コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンレー スタンレー Stanley, Sir Henry Morton

5件 の用語解説(スタンレーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタンレー
スタンレー
Stanley, Sir Henry Morton

[生]1841.1.28. デンビ
[没]1904.5.10. ロンドン
アフリカ探検家,ジャーナリスト。旧名 John Rowlands。アメリカ合衆国に帰化したが,晩年イギリス国籍に戻った。1869年アフリカ探検家デービッドリビングストンの捜索を依頼されてアフリカに渡り,1871年11月タンガニーカ湖畔のウジジで病中のリビングストンに遭遇。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スタンレー
スタンレー
Stanley, Thomas

[生]1625. カンバーロウ
[没]1678.4.12. ロンドン
イギリスの哲学史家,詩人,翻訳家。ケンブリッジ大学オックスフォード大学に学び,1648年オックスフォード大学教授。イギリスにおける最初の哲学史家として知られる。主著『哲学史』The History of Philosophy(3巻,1655~62)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スタンレー
スタンレー
Stanley, Thomas, 1st Earl of Derby

[生]1435?
[没]1504
イギリスの貴族。ヨーク家エドワード4世リチャード3世に重く用いられたが,リッチモンドエドマンド・チューダーの未亡人マーガレットボーフォートと再婚したため,義子にあたるエドマンドの子ヘンリー (のちの7世) が 1483年挙兵するとこれに通じ,85年ボズワースの戦いでリチャード3世を見捨てヘンリー7世の即位に貢献。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スタンレー
スタンレー
Stanley, Wendell Meredith

[生]1904.8.16. インディアナ,リッジビル
[没]1971.6.15. スペインサラマンカ
アメリカ生化学者で,ウイルス学創始者の一人。イリノイ大学に学び,1926~29年,R.アダムズについてハンセン病治療薬を研究したのちドイツに留学,H.ウィーラントに学んだ。 32年プリンストンロックフェラー医学研究所動植物病理部に入り,おもにタバコの葉の病気であるモザイク病ウイルスを研究,35年にその結晶抽出に成功,ウイルスが従来の生存と増殖という2特性をもつ生物特性と,結晶化しうる純粋物質の両面性をもつ中間的存在であることを実証,J.H.ノースロップおよび J.B.サムナーとともに 46年度ノーベル化学賞を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

スタンレー【スタンレー】
Stanley

香港の南端にある、欧米人が多く住む高級住宅地。かつては小さな村だったが、1842年に香港島がイギリスに割譲されるころには香港最大の漁村となり、イギリス人の居住区となった。1845年に、イギリスの植民地大臣のスタンレー侯爵にちなみ、「スタンレー」と改名された。こうしたことから、この一角には洋風の瀟洒(しょうしゃ)な住宅やヨーロッパ風の墓地があり、海沿いのスタンレーマーケットには洒落た衣料品、雑貨、食品などの店が並んでいる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタンレーの関連キーワードインディアンディアナインディアインディアナインディアンクラブインディアナ兵士水兵記念塔インディアナポリス500マイルレースインディア・ソングインディアナポリス交響楽団インディアナ[州]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スタンレーの関連情報