コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストゥルツォ ストゥルツォSturzo, Luigi

3件 の用語解説(ストゥルツォの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストゥルツォ
ストゥルツォ
Sturzo, Luigi

[生]1871.11.26. シチリア島カルタジローネ
[没]1959.8.8. ローマ
イタリアカトリック司祭,社会学者,政治家。 1905~20年生地カルタジローネの町長,12~24年イタリア町村連合協会副会長など,地方政治で活躍したあと,19年イタリアで最初のカトリック政党であるイタリア人民党を創設,書記長となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ストゥルツォ【Luigi Sturzo】

1871‐1959
イタリアの司祭,政治家。シチリア,カルタジローネの貴族出身で,同地の神学校に学んだのち1894年司祭となった。のちローマのグレゴリアーナ大学で神学を学ぶかたわらキリスト教民主主義運動に参加,郷里で農村金庫を設立するなどの実践活動を展開するとともに,99年からは市会議員(1905年からは助役)として地方行政にも従事した。第1次大戦中の1915年教皇ベネディクトゥス15世により信者の全国組織〈カトリック・アクション〉書記長に抜擢され,19年にはイタリア史上初のカトリック政党イタリア人民党(1926年まで存続)を創設,書記長となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストゥルツォ
すとぅるつぉ
Luigi Sturzo
(1871―1959)

イタリアの政治家、社会学者。1894年以来カルタジローネ(シチリア)の司祭として地方の政治的教化活動を展開。キリスト教民主主義の週刊誌『コンスタンティヌスの十字架』を発刊(1897)、カトリック諸組合を組織し、カルタジローネの副市長に選ばれた(1905)。ついでカトリック行動委員会の書記(1915~1917)、イタリア自治体連盟の副議長(1912~1924)を歴任。1919年に政治と宗教の分離に基づくカトリック政党であるイタリア人民党を創設し、書記長に就任した。ムッソリーニ政権の与党であった人民党が1923年に反ファシズムに転じたのは、おもにストゥルツォの功績であった。同年7月彼はバチカン当局の圧力により辞職し、翌1924年から長期の海外亡命を余儀なくされた(1940年までロンドンに、その後ニューヨーク)。その間、反ファシズム活動に従事するとともに、文化的労作を次々に発表。1946年に帰国すると著述活動を続け、1953年には終身上院議員に選ばれた。[重岡保郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ストゥルツォの関連キーワード廃藩置県新教育高田藩北海道開拓田畑勝手作許可モルガンウォーターズカション片岡健吉ガビンズ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone