コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストップウォッチ ストップウォッチstopwatch

翻訳|stopwatch

4件 の用語解説(ストップウォッチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストップウォッチ
ストップウォッチ
stopwatch

時間経過を秒以下の単位で精密にはかる特殊時計。通常大型懐中時計に似た形で,目盛りは1/5~1/100秒。押しボタンの操作で秒針の発進,停止,停止後続進,零点戻しなどができ,またラップタイムをとるため秒針とボタンを2組以上もつものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ストップウォッチ

竜頭(りゅうず)またはボタンを押して指針を任意に始動,停止させ,その間の経過時間を測る携帯時計。通常指針1回転は1分,最小目盛は1/5秒であるが,1/10,1/20,1/50,1/100秒用もある。
→関連項目水晶時計

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ストップウォッチ【stopwatch】

競技や工場における作業分析などで所要時間を計測するのに用いる携帯時計。計測のときだけ動かすために,ふつうの時計のような時刻を表示する機能はない。ぜんまい駆動で文字板と指針による表示の機械式と乾電池駆動でディジタル表示の水晶時計とがあるが,どちらも基本的にはボタンを押すごとに,指針の発進,停止,リセット(針や表示を0に戻すこと)の三つの機能をもち,さらに,停止後再発進させたとき前の計測値に加算して計測が続行できるものや,主要な計測は続行しながら,ラップタイムを計測するため,2本重なって動く指針のうちの1本が別のボタンで停止できるようにしたものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストップウォッチ
すとっぷうぉっち
stop watch

時間間隔の測定をするための携帯型の測時機で、時刻を指示しないものをいう。かつてヨーロッパでは、普通の秒針を備えたウォッチでテンプに停止装置をつけたものをストップウォッチとよんでいた。押しボタンなどの操作によって秒針あるいは表示を、始動、停止、帰零(きれい)でき、測定時間の合計を示す装置を備えている。秒針の刻みは5分の1、10分の1、50分の1、100分の1などがあり、使用目的によって30分計、60分計、長いものでは12時間計もみられる。文字板には、スポーツ競技用、生産管理用、距離計、速度計、回転計などの特殊目盛りをもつものがある。[元持邦之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ストップウォッチの関連情報