コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストロボスコープ stroboscope

翻訳|stroboscope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストロボスコープ
stroboscope

回転体や振動体などの運動の様子を観察したり,周期を測定したりする装置。瞬間的な発光を繰返す光源で運動体を照すとき,発光の繰返し周期が運動体のそれに等しければ,運動体は静止して観測され,光源の周期から運動体の周期が求められる。発光と運動体の周期にわずかの差があれば,その差を周期として観測の位相がずれてゆくので,高速の運動状態の変化もゆっくりと眼で追うことができる。断続する光源を用いるかわりに,瞬間的に開閉するシャッタや反射鏡を通して観測する方法もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ストロボスコープ(stroboscope)

規則的に点滅する光を回転体や振動体に照射し、その運動のようすや周期を、観測または撮影する装置。照明の周期と一致すると、運動体が静止したように見えることを利用している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ストロボスコープ

間欠的観察(ネオンランプ等一定の周期で点滅する光源で照らすか,周期的に開閉するスリットを通して見る)により,急速に回転または振動している物体を静止状態で観察する方法,装置。
→関連項目ネオンランプ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ストロボスコープ【stroboscope】

急速に運動している物体を,一定の周期をもった間欠的な光で照明し,その物体があたかも静止しているような状態で観測する方法および装置。もし物体が周期的な運動で,その周期と照明光の周期とが一致した場合には,その運動物体は静止しているように見えるし,わずかに両者の周期に差があるときは,物体はゆっくり運動しているように見える。照明方式では,電気的にはネオンランプ,キセノンランプなどを用いる。また機械的な方式では,肉眼または顕微鏡などの対物鏡の前に,スリット円板を一定測度で回転させたり,周期的に開閉するシャッターを置く方法などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ストロボスコープ【stroboscope】

回転体の回転速度や回転中の運動の様子、また振動の周波数を測定する装置。等しい時間間隔で点滅するストロボ放電管を光源として回転体に照射し、点滅周期と回転周期とが一致すると回転体が静止したように見えるので、このときの周期を測定して速度を求める。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストロボスコープ
すとろぼすこーぷ
stroboscope

周期的に点滅する光を運動体に照射することによって、静止したと同じような状態で運動体を観測する装置。物体の回転速度や機械の振動周期の測定に利用される。非周期的運動をするボールのような物体の連続写真を撮る目的で使われる周期的閃光(せんこう)発生装置をこのようによぶこともある。このようにして撮影された写真はストロボ写真とよばれる。
 回転や振動のような周期的運動を観測する装置としては、肉眼・望遠鏡・顕微鏡などの前に周期的に開閉するシャッターを置くものと、周期的に点滅するストロボ放電管を用いるものとがある。明滅の速度が物体の運動周期と一致すれば物体は静止したように見える。たとえば、レコードの上に円板をのせて電灯や蛍光灯で見ると、レコードが正しい速度で回転するとき、ある帯が静止して見えるので回転数の調節に使われる。このような円板もストロボスコープの一種である。[石川光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のストロボスコープの言及

【映画】より

…17世紀には〈影絵劇場〉も大流行した。1832年,ベルギーの物理学者J.プラトーのフェナキスティコープphenakisticope(あるいはフェナキストスコープphenakistoscope),ドイツの科学者フォン・シュタンパーのストロボスコープstroboscope,次いで翌33年にはイギリスの数学者W.G.ホーナーのゾーエトロープzoetropeといった網膜の残像現象を利用した装置が発明され(すでに1820年代からソーマトロープthaumatropeや〈ファラデーの車輪〉などの錯視の原理による玩具が発明されていたが),50年代から60年代にかけて科学玩具としてもてはやされた。フランスの詩人ボードレールは,51年にこれらの科学玩具の一つフェナキスティコープについて次のように書き,きたるべき映画を予知しているかのようである。…

【映画】より

…17世紀には〈影絵劇場〉も大流行した。1832年,ベルギーの物理学者J.プラトーのフェナキスティコープphenakisticope(あるいはフェナキストスコープphenakistoscope),ドイツの科学者フォン・シュタンパーのストロボスコープstroboscope,次いで翌33年にはイギリスの数学者W.G.ホーナーのゾーエトロープzoetropeといった網膜の残像現象を利用した装置が発明され(すでに1820年代からソーマトロープthaumatropeや〈ファラデーの車輪〉などの錯視の原理による玩具が発明されていたが),50年代から60年代にかけて科学玩具としてもてはやされた。フランスの詩人ボードレールは,51年にこれらの科学玩具の一つフェナキスティコープについて次のように書き,きたるべき映画を予知しているかのようである。…

※「ストロボスコープ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ストロボスコープの関連キーワード音声障害(声の病気)声帯結節(謡人結節)喉頭ストロボスコープストロボライトファルセットstroboオシログラフ発声機能検査回転速度計

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android