コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スワラージ Swarāj

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スワラージ
Swarāj

インドの言葉で自治独立を意味する。 1906年,イギリスによるベンガル分割法に対する抗議運動のなかでスワラージが唱えられ,次第に植民地統治のもとの自治の拡大から,イギリスからの独立の要求となって,言葉の意味が変り,29年以後にはプールナ・スワラージ (完全独立) が叫ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スワラージ【Swarāj】

インド諸語で〈自己の支配・統治〉を意味し,スワラージャともいう。すでに17世紀後半のインド西部マラーター王国の創建者シバージー・ボーンスレーが,ムガル朝に対抗する独立ヒンドゥー国家の建設をスワラージャの語で表現していた。しかし近現代インド史では一般に〈民族の(政治的)独立〉を意味するといってよい。1905年から始まるベンガル分割反対闘争の中でマハーラーシュトラのティラクがスワラージのスローガンを打ち出し,外国商品ボイコット,インド産業の発展奨励をうたうスワデーシーおよび民族教育をその目的達成のための具体的活動プログラムとした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スワラージ
すわらーじ
Swarj

インド諸語で「自己の支配」を意味する。マラータ王国の創始者シバージーは、ムガル帝国に対抗するヒンドゥーの独立国家をスワラージャと表現したが、近現代インド史では広く「民族の独立」を意味する。1905年からのベンガル分割反対闘争のなかでティラクらが政治スローガンとして打ち出し、翌年の国民会議派カルカッタ大会で、初めて公式に政治目標として採択された。一時英語の「ホーム・ルール」にとってかわられるが、27年にはサイモン委員会ボイコット運動のなかで国民会議派の目標が「プールナ・スワラージ」(完全独立)と規定され、29年の国民会議派ラホール大会でも「自治領地位」を否定し、このプールナ・スワラージを政治目標として採択した。[内藤雅雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スワラージの関連キーワードガンディー(Mohandās Karamchand Gāndhī)スワラージ・スワデーシーB.G. ティラクD. ナオロージーインド国民会議派インド独立運動ガンジー主義ナオロージーナオロジースワデーシバネルジーDaaSローイアジア

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android