コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スワラージ スワラージ Swarāj

3件 の用語解説(スワラージの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スワラージ
スワラージ
Swarāj

インドの言葉で自治,独立を意味する。 1906年,イギリスによるベンガル分割法に対する抗議運動のなかでスワラージが唱えられ,次第に植民地統治のもとの自治の拡大から,イギリスからの独立の要求となって,言葉の意味が変り,29年以後にはプールナ・スワラージ (完全独立) が叫ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スワラージ【Swarāj】

インド諸語で〈自己の支配・統治〉を意味し,スワラージャともいう。すでに17世紀後半のインド西部マラーター王国の創建者シバージー・ボーンスレーが,ムガル朝に対抗する独立ヒンドゥー国家の建設をスワラージャの語で表現していた。しかし近現代インド史では一般に〈民族の(政治的)独立〉を意味するといってよい。1905年から始まるベンガル分割反対闘争の中でマハーラーシュトラのティラクがスワラージのスローガン打ち出し,外国商品ボイコット,インド産業の発展奨励をうたうスワデーシーおよび民族教育をその目的達成のための具体的活動プログラムとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スワラージ
すわらーじ
Swarj

インド諸語で「自己の支配」を意味する。マラータ王国の創始者シバージーは、ムガル帝国に対抗するヒンドゥーの独立国家をスワラージャと表現したが、近現代インド史では広く「民族の独立」を意味する。1905年からのベンガル分割反対闘争のなかでティラクらが政治スローガンとして打ち出し、翌年の国民会議派カルカッタ大会で、初めて公式に政治目標として採択された。一時英語の「ホームルール」にとってかわられるが、27年にはサイモン委員会ボイコット運動のなかで国民会議派の目標が「プールナ・スワラージ」(完全独立)と規定され、29年の国民会議派ラホール大会でも「自治領地位」を否定し、このプールナ・スワラージを政治目標として採択した。[内藤雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スワラージの関連キーワード金権政治士大夫ニザーム法の支配自己原因スワラジチャド諸語スワデーシーダール・アルイスラーム《ニューイングランド諸教会の統治制度の擁護》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スワラージの関連情報