セイタカシギ(丈高鷸)(読み)セイタカシギ

世界大百科事典 第2版の解説

セイタカシギ【セイタカシギ(丈高鷸)】

チドリ目セイタカシギ科Recurvirostridaeの鳥の総称,またはそのうちの1種を指す。この科の鳥は世界の温熱帯に広く分布し,4属7種がある。どの種も脚が長く,スマートな形をしている。ソリハシセイタカシギ類(英名avocet)はソリハシセイタカシギ属Recurvirostraの1属4種からなり,ユーラシアとアフリカ,オーストラリア,南アメリカにそれぞれ1種ずつ分布している。全長は約40cm内外。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android