コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セイタカシギ セイタカシギHimantopus himantopus; black-winged stilt

3件 の用語解説(セイタカシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セイタカシギ
セイタカシギ
Himantopus himantopus; black-winged stilt

チドリ目セイタカシギ科。全長 35cm。嘴が細長く,非常に長い桃色の脚が特徴である。背と翼は黒く,下面は純白色。雄は背と雨覆の黒味が強いが,雌は褐色がかる。湿地や沼沢地に生息,水生の昆虫類や小動物を捕食する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

セイタカシギ

セイタカシギ科の鳥。翼長23cm。体の割にきわめて長い足をもち,くちばしも長い。背中と翼は雄が黒色で,雌は褐色。世界の温帯,熱帯に広く分布し,日本ではこれまで迷鳥とされていたが,近年東京湾沿いの地域などで繁殖するようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セイタカシギ
せいたかしぎ / 丈高鷸
black-winged stilt
[学]Himantopus himantopus

鳥綱チドリ目セイタカシギ科の鳥。ユーラシアの中部以南で繁殖し、冬は南へ移動するものもある。日本にはおもに旅鳥として渡来するが、数は少ない。しかし日本で越冬するものもあり、愛知県や千葉県では繁殖の記録もある。全長約31センチメートル、嘴(くちばし)は細くて長く、足は著しく長い。体は細く、翼も細長くて先はとがっている。背と翼は黒く、頭部と体の下面は白い。長く赤い足を静かに運んで、水田やハス田の浅い水たまりを歩き、昆虫や小魚などをとらえる。飛ぶときには、長い足が尾羽を越えて後ろに出る。干拓地や湿地の地上に巣をつくり、4個の卵を産む。巣に外敵が近づくと、空から急降下して威嚇したり、また翼を広げて擬傷動作をしたりする。
 なお、セイタカシギ科Recurvirostridaeの仲間は世界の温帯、熱帯に7種が分布する。どの種も足が著しく長いのが特徴。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セイタカシギの関連キーワードダックスフンドノンステップバスウサギギクカイチュウ(回虫)カマキリ(魚類)カモメ(鴎)キスケンサキイカシュロソウ戦艦

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セイタカシギの関連情報