コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セダム セダムSedum; orpine; stonecrop

5件 の用語解説(セダムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セダム
セダム
Sedum; orpine; stonecrop

ベンケイソウ科多肉植物セダム属の総称。北半球の温帯から暖帯に約 500種が知られる。日本では,赤花系のベンケイソウ,黄花のキリンソウマンネングサがみられる。前2群は地下に根茎があり,普通冬は地上部が枯れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

セダム

ベンケイソウ科マンネングサ属の多年草または一年草、越年草。オーストラリア太平洋諸島を除き、約400種が広範囲に分布している。日本にはキリンソウタイトゴメメノマンネングサなど約17種が分布。園芸的には近年、屋上緑化の最適植物として脚光を浴びているが、減温効果を疑問視する向きもある。

(森和男 東アジア野生植物研究会主宰 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

セダム(〈ラテン〉Sedum)

ベンケイソウ科マンネングサ属の植物の総称。ベンケイソウキリンソウなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

セダム【Sedum】

ベンケイソウ科マンネングサ(キリンソウ)属Sedumの園芸種の総称。この属には約500種あり,北半球の温帯と暖帯に広く分布し,少数はアフリカ南アメリカの山地に産する。草本性多肉植物で,葉色は赤・茶・青白色系と多彩である。耐乾性や耐寒性のある種が多い。ロックガーデン,花壇,鉢植えなどに広く用いられる。英名はstonecrop,orpine,live‐forever。普通,花弁と心皮は5数性,おしべは10本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セダム
せだむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のセダムの言及

【ベンケイソウ】より

…ベンケイソウ科の多年生多肉植物で,高さ30~60cm,葉は卵形ないし楕円形で,長さ35~70mm,幅12~30mm,葉柄は短い(イラスト)。おしべは花弁より少し長い。花期は9月。栽培と野生の2型がある。栽培品種は中国から渡来し,葉はふつう対生,花は白桃色で,花序は下部の枝が長く伸びる。稔性は悪く,染色体数は2n=48,50。一方,野生型は本州,九州の山地にまれに産し,葉はふつう互生し,花は少し黄緑色をおび,花序は下部の枝が短い。…

【マンネングサ(万年草)】より

…ベンケイソウ科マンネングサ(キリンソウ)属Sedum(セダム)のうち,マンネングサ亜属の総称。マンネングサ亜属は北半球や東アフリカの高山に約200種あり,日本には北海道を除き21種が見られる。…

【ベンケイソウ】より

…多肉葉を発達させるが,托葉を欠き,花弁と心皮の間に小さな鱗片(みつ腺)がある。セダム亜科は北半球に広く分布し,花はおもに5数性で,離弁,おしべは10本,代表属はマンネングサ(セダム)属Sedumや,ロゼット葉が顕著なイワレンゲ属Orostachys。クラッスラ亜科は南アフリカに集中し,アズマツメクサ属Tillaeaのみが,北半球やオーストラリアに分布する。…

【マンネングサ(万年草)】より

…ベンケイソウ科マンネングサ(キリンソウ)属Sedum(セダム)のうち,マンネングサ亜属の総称。マンネングサ亜属は北半球や東アフリカの高山に約200種あり,日本には北海道を除き21種が見られる。…

※「セダム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セダムの関連情報