コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セブ[島] セブ

百科事典マイペディアの解説

セブ[島]【セブ】

フィリピン中央部にある南北に細長い島。丘陵性山地よりなる。フィリピンでは最も人口過密な島で古くから開けた。地下資源が豊富で,石炭と銅の埋蔵量は同国第1位。フィリピン最大の民族セブアーノ人の居住地。
→関連項目ビサヤ[諸島]フィリピン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セブ[島]【Cebu Island】

フィリピン中部,ビサヤ諸島中央部にある島。北北東から南南西方向に横たわり,全長216km,最大幅35km,面積4422km2。人口209万2000(1980)で,人口密度は400人/km2を超え,全国平均(160人/km2)の2.5倍を上回る。標高500~900mの脊梁山脈は中央部で最も高く,南北に向かって高度を下げる。周囲の島々によりモンスーンの影響が遮られるため,年降水量は1500mm前後と相対的に少ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

セブ[島]の関連キーワードマゼラン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android