コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センナケリブ センナケリブ Sennacherib

2件 の用語解説(センナケリブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センナケリブ
センナケリブ
Sennacherib

[生]?
[没]前681.1.
アッシリア帝国の王 (在位前 705~681) 。サルゴン2世の子。バビロニアパレスチナ南部,小アジアにまたがる広大な帝国を受継いだが,アラム人カルデア人エラム人の諸部族による反乱が相次ぎ,前 703年カルデアメロダク=バラダン2世エラムと同盟して起したバビロニアの反乱を平定。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

センナケリブ
せんなけりぶ
Sn-a-erba
(?―前681)

アッシリア帝国の王(在位前705~前681)。父サルゴン2世を継いで即位したのち、南にエラム人およびアラム系諸部族と同盟した宿敵バビロニアを敗走させ、ついで紀元前701年、エジプトを撃つためにシリアとパレスチナに軍を進めた。この模様は『旧約聖書』やヘロドトスの『歴史』に詳しく描かれている。しかし、その他の軍事遠征はすべて大成功を収めたわけではなかった。国内政策においては、それまでの親バビロニア勢力を一掃し、バビロニアに対するアッシリアの政治的・宗教的優越性を前面に打ち出した。また、フェニキア人の技術を導入し、艦隊を常備したり、首都ニネベの壮麗な建造、大水道の敷設等々多方面にわたる技術革新に努めた。しかし、前681年、内部に反乱が起こり、バビロニア年代記によれば息子の1人に、『旧約聖書』によれば2人の息子によって暗殺された。[月本昭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

センナケリブの関連キーワード階乗数値積分スターリングの補間公式NエヌN末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone