ゼノン(エレアの)(読み)ゼノン

百科事典マイペディアの解説

ゼノン(エレアの)【ゼノン】

古代ギリシア,エレア学派の哲学者。同学派の開祖パルメニデスの弟子。運動否定論と〈ゼノンのパラドックス〉で有名。一種の帰謬(きびゅう)法によるその逆説的論法により,アリストテレスによって弁証論(ディアレクティケ)の祖と呼ばれた。
→関連項目エレア学派ゴルギアスパラドックスレウキッポス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android