ゼルニケ(英語表記)Zernike, Frits

  • 1888―1966
  • Frits Zernike

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1888.7.16. アムステルダム
[没]1966.3.10. フローニンゲン
オランダの物理学者。アムステルダム大学に学び,1915年からフローニンゲン大学で数理物理学,力学を講じ,同大学教授 (1920~58) 。回折格子の研究から,34年位相差法の原理を確立し,38年 C.ツァイスとともに位相差顕微鏡をつくった。これにより細胞を殺すことなく内部構造が調べられるようになった。 52年ロンドン・ロイヤル・ソサエティからランフォード・メダル受賞。 53年ノーベル物理学賞受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

1888~1966 オランダの実験物理学者。光の位相差の研究を行い、ツァイス社の協力を得て1941年に位相差顕微鏡を完成。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オランダの物理学者。位相差顕微鏡の発明者。アムステルダムに生まれる。アムステルダム大学で化学、数学、物理学を学び、1913年フローニンゲン大学の著名な天文学者カプタインの助手、1915年同大学のオルンシュタインLeonard Salomon Ornstein(1880―1941)の後継者として数理物理学講師、1920年同教授となる。統計力学におけるおもな仕事は、多粒子系の相関関数に関するオルンシュタイン‐ゼルニケ理論である。光学の分野では、1930年ごろ大型凹面格子を研究中に「位相差」の現象に気づき、1934年この現象を顕微鏡に応用して、透明物体中で屈折率の異なる部分を識別する位相差法を開発、1941年イエナのツァイス社と協力して最初の位相差顕微鏡を完成し、その後も改良に努めた。第二次世界大戦後、位相差顕微鏡は工業的規模で生産されるようになり、医学、生物学その他に広く用いられている。1953年この業績によりノーベル物理学賞を受賞した。[常盤野和男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Frits Zernike フリッツ━) オランダの物理学者。フローニンゲン大学教授。光学の数理学的な研究を行なう。位相差顕微鏡の完成者。一九五三年ノーベル物理学賞受賞。(一八八八‐一九六六

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android