コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソクラテスの弁明 ソクラテスのべんめいApologia; Apology of Socrates

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソクラテスの弁明
ソクラテスのべんめい
Apologia; Apology of Socrates

古代ギリシアの哲学者プラトンの対話篇の一つ。前 399年ソクラテスは国家の神々を信奉せず新しい神を導入し,また青年に悪影響を与えたとしてメレトスにより告発されたが,彼はこれに対して堂々たる弁明を試みた。プラトンは数年後おそらく師の真の姿を示そうとしてこの書を著わした。それは歴史的事件の証人としての完全に正確な記録とはいえないにしても,ソクラテスの哲学的活動の意義,使命感,あわせてプラトンの哲学上の立場を知るうえにきわめて重要な文献の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ソクラテスのべんめい【ソクラテスの弁明】

《原題、〈ギリシャ〉Apologia Sōkratūsプラトンの著作。告発されたソクラテスが法廷において弁明する姿を描き、その哲学の真髄を呈示

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ソクラテスのべんめい【ソクラテスの弁明】

プラトンの著作。瀆神とくしんおよび青年に害をなす罪に問われたソクラテスの法廷における弁明の姿を通してその哲学の核心を描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソクラテスの弁明
そくらてすのべんめい
Apologia Socratis

プラトンの著作。ソクラテスが紀元前399年、アテネの法廷に訴えられ、裁判され、処刑されたときの法廷でのソクラテスの弁論を記したもの。最初の弁論、有罪の宣告後の弁論、死刑の宣告後の弁論の三部分からなる。ソクラテスの哲学の真髄であるとプラトンがみなすものを呈示し、これとソクラテスの告発・判決・死刑との関連を明らかにしたものとして注目される。プラトンによるソクラテス文学は、ときとして作者の創作を含むと考えられるが、この著作は歴史的にもおおむね忠実であるとみなされることが多い。文体としてはプラトンの作品中、白眉(はくび)の一つで、古来、ギリシア文学史上、散文文学の珠玉として重んじられてきた。[加藤信朗]
『久保勉訳『ソクラテスの弁明・クリトン』(岩波文庫) ▽山本光雄訳『ソクラテスの弁明他』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ソクラテスの弁明の関連キーワードクセノフォン(古代ギリシア文筆家)ソクラテスのダイモニオンギリシア哲学史(年表)ペートル エーベンソクラテスの思い出ゼノン[ストア]クセノフォン汝自身を知れ無知の知岩波文庫

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソクラテスの弁明の関連情報