コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイユ taille

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイユ
taille

封建時代およびアンシアン・レジーム期のフランスの直接税。本来,一般の封建領主領民に課した貢租の一つで,国王直轄領内で徴収していたが,百年戦争戦費をまかなうため直轄領以外にも賦課し,1412年から国王のみが徴収権をもつようになり,アンシアン・レジーム期には国王の主要財源となった。徴収方法は統一されておらず恣意的で公平を欠いた。王国北部では人頭別 (対人タイユ) に,南部では財産に対して賦課 (対物タイユ) された。免税特権は貴族,聖職者および特定大都市住民に認められたのみで,税率は次第に加重され国民の大きな負担となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タイユ【taille】

フランスにおける賦課租の一種。もともとは,中世に上級裁判権をもつ領主が戦争に際しその戦費を徴収する名目で領民に課した直接税であったが,中世後期に王権の強化とともに徴収権は国王に集中された。当初は臨時的課税として三部会協賛を要したが,15世紀には恒久的国王租税となり,絶対王政期には王室財政収入の一つとして最も重要な租税となった。軍事税の名目をもつため僧族,貴族は免除され,平民にのみ課された。また,官職保有者も免除された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイユ
たいゆ
tailleフランス語

フランスで封建領主が農奴や農民から徴収した直接税。ときには国王財政のため領主によって取り立てられたこともあったが、徴税には対人と対物の二方法があった。王権の拡大強化に伴い、1439年以降国王直接税となり、貴族や聖職者の特権階級を免除して、平民のみから徴収されることになった。国王は、毎年評議会で王国内の各地の徴税区(ジェネラリテ)に配分するタイユの総額を決定した。タイユは、ついで徴税区内の小徴税区(エレクシオン)、そして農村共同体である小教区に割り当てられた。18世紀に入ると、対人タイユの査定法や不平等性を避けるために、予定の税率に従って税額を決定する査定タイユが取り入れられた。タイユは、同世紀後半のフランス革命によって廃止された。[志垣嘉夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タイユの関連キーワードタイユンシャン(戴雲山)山脈アンジェ・タペストリー美術館チャンチー(長治)特別市チンチョン(晋中)地区デタイユ・ラ・メゾンリンシー(霊石)県ユイツー(楡次)市ニーチェについてシャルル(5世)アンジェの黙示録ロジェ カイヨアボードリヤールドニ アミエルクロソウスキーキャピタシオンフェン(汾)河フランス料理ベルンスタンチン(沁)河七宝(工芸)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タイユの関連情報