コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカナ

2件 の用語解説(タカナの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

タカナ

 [Brassica juncea(integliflolia group)].フウチョウソウアブラナ科アブラナ属の越年草.カラシナの変種の一つ.食用にする.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカナ
たかな / 高菜
[学]Brassica juncea Coss. var. integrifolia (Stokes) Kitam.

アブラナ科の越年草。中央アジア原産の葉菜。カラシナの仲間であるが、葉は広く多肉質で、葉縁の切れ込みはなく、長さ60~80センチメートルと大きい。古く中国を経て日本に伝えられたもので、中国大陸で品種の分化が進み、中国大陸南部、台湾、マレー諸島インドなどでは品種も多く、重要野菜の一つとなっている。日本では、ナガサキタカナ(長崎高菜)、オオバタカナ(大葉高菜)、カワゴエナ(川越菜)、カツオナ(鰹菜)、アオバタカナ(青葉高菜)、ヒロシマムラサキタカナ(広島紫高菜)、ミイケタカナ(三池高菜)などの品種がある。温暖な気候に適し、おもに西日本に栽培されるが、盛岡市のナンブバショウナ(南部芭蕉菜)、山形市のセイサイ(青菜)など、東北地方に伝わって土着した品種もあり、地域の漬物用として栽培されている。秋に播種(はしゅ)して、暖地では2~3月に収穫するが、東北地方では寒さで枯れるので、雪の降る前に収穫する。[星川清親]

食品

日本でのおもな利用法は葉の漬物である。一例をあげれば、福岡県三池(みいけ)のミイケタカナは漬物として企業化され、大量に栽培されている。山形県の青菜(せいさい)漬けは蔵王(ざおう)のスキー場の土産(みやげ)物として知られる。和歌山県のめはりずしは、おいしさに目を見張るの意味で、タカナの葉の漬物で包んだすしである。タカナはまた煮て食べてもよい。福岡県博多(はかた)地方のカツオナは、博多名物ちり鍋(なべ)に欠かせない野菜で、うま味が強く、かつお節のかわりになるということから、その名がつけられている。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

タカナの関連キーワードカラシカラシナからしツケナコールラビアブラナオオサカシロナカブカリフラワーキャベツ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タカナの関連情報