コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカブシギ Tringa glareola; wood sandpiper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカブシギ
Tringa glareola; wood sandpiper

チドリ目シギ科。全長 19~23cm。夏羽(→羽衣)は頭部,頸,胸はくすんだ白地に褐色の細かい縦斑がある。背や(雨覆羽)は褐色地と各羽毛の白い縁がまだら模様になる。腹は白いが,脇に淡褐色の縦斑がある。眉斑は白く,褐色の細い過眼線がある。腰は白く,尾羽は白地に褐色の横縞がある。冬羽は背面のまだら模様の白がやや不明瞭になる。繁殖地はユーラシア大陸高緯度地方で,スカンジナビア半島から東はロシア東部,カムチャツカ半島,南はカザフスタンモンゴル中国東北部に及ぶ。タイガツンドラの低木林の地面を掘り,そのくぼみに草やコケを敷いて巣をつくる。樹上の鳥の古巣を利用することもある。繁殖後はアフリカからインド東南アジアオーストラリアに渡り,湿原や河岸,河口,農耕地など開けた湿地で越冬する。日本には渡りの途中に立ち寄り,湿原や水田などの農耕地,河口に生息する。飛び立つときに「ぴゅい」または「ちゅーい」と聞こえる声を出す。(→渉禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカブシギ
たかぶしぎ / 鷹斑鷸
wood sandpiper
[学]Tringa glareola

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアの北部で広く繁殖し、冬は南へ渡る。日本には旅鳥として、春と秋に全国に渡来する。全長約22センチメートル、体の上面は灰褐色で白色の斑点(はんてん)がたくさんあり、腰は白い。体の下面は白くて、胸とわきに灰褐色の斑点がある。足は黄緑色。餌(えさ)としては、水田、ハス田、川岸の浅い水中を歩いて昆虫などをあさる。ピッピッピと鳴いて飛び立つ。地上に営巣して、4個の卵を産む。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タカブシギの関連情報