コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タガール文化 タガールぶんかTagar culture

4件 の用語解説(タガール文化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タガール文化
タガールぶんか
Tagar culture

ロシア,南シベリアミヌシンスク盆地に継起した新石器時代から鉄器時代の一連の文化 (ミヌシンスク文化 ) の一つ。前8~2世紀頃エニセイ川上流域で興り,前4~3世紀頃から鉄器を使用。河川に沿って集落址なども発見されているが,この期のおもな遺構は,方形の列石と隅に巨石の置かれた大小の墳丘をもつ墓である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

タガール文化【タガールぶんか】

シベリアのエニセイ川中流にあるミヌシンスクMinusinsk盆地に発達した前7世紀―前3世紀ごろの青銅器文化。長方形の墳丘とストーン・サークル,立石をもつ墳墓クルガン〉を特徴とし,かつてはミヌシンスク・クルガン文化とも呼ばれたが,のちに編年等が再考されたのに伴って改称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タガールぶんか【タガール文化】

エニセイ川中流域,ミヌシンスク盆地を中心に分布する初期鉄器時代に属する文化。前7~前3世紀。かつてミヌシンスク盆地の青銅器文化は4期に分けられ,その最後の段階をミヌシンスク・クルガン文化と呼んだが,のちに編年が再考され,S.V.キセリョフによってミヌシンスク市対岸のタガールTagar島にちなんでこの名が付けられた。スキタイ世界の中の文化であり,馬具,青銅製鍑(ふく),鏡,動物意匠の芸術品などのスキタイ式の遺物に特徴をもっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タガール文化
たがーるぶんか
Тагар Tagar 

ロシア南東部、南シベリアのエニセイ川中流域を占めるミヌシンスク盆地を中心として栄えた青銅器文化。紀元前7世紀ころに、先行するカラスク文化にかわって登場し、前2~前1世紀ころにタシュトゥイク文化に移行した。住民の生業は牧畜であったが、同時に灌漑(かんがい)農耕も行われていた。タガール文化の青銅器、とりわけ短剣、馬具、鏃(やじり)、またそれらに装飾としてつけられた動物文様などには、当時ユーラシア草原全域にわたって流布していたスキタイ系文化との共通点が多く認められる。タガール文化の末期には鉄器が現れ、また死者をミイラ化したり、石膏(せっこう)で死仮面(デスマスク)をつくるなど、次のタシュトゥイク文化期に盛行することになる風習がみられる。[林 俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone