タシギ(英語表記)Gallinago gallinago; snipe, common snipe

  • common snipe
  • たしぎ / 田鷸
  • 田鴫

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チドリ目シギ科。全長 23~28cm。羽色は黒とクリーム色のが入り交じり,地面に伏せて動かずにいると発見しにくい。過眼線が淡褐色で後頭まで続き,過眼線の上下はずっと薄く白に近い。はまっすぐで長い。雌雄同色であるが,雄のほうが雌より嘴が短く,外側尾羽が長い。アイスランドイギリスからユーラシア大陸中部,北部,カムチャツカ半島に及ぶ地域で繁殖し,アフリカ中部,北部からインドを経て東アジア南部,フィリピンボルネオ島北部で越冬する。日本には旅鳥または冬鳥(→渡り鳥)として渡来し,水田,湿地などに生息する。飛び方はジグザグ状だが速度は速く,飛び立つときに「じぇっ」というしゃがれた声で鳴く。(→渉禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シギ科の鳥。翼長13.5cm。後,背は黒褐色と黄褐色の斑。ユーラシア・北米中北部等で繁殖する。日本には旅鳥または冬鳥として渡来し,水田や湿地,川やなどの水辺にすむ。人が近づくとジャッと鳴いて,電光形に飛び立つ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアの中部以北、アフリカ南部、北アメリカの中部以北、南アメリカで繁殖し、冬は暖地へ渡る。日本には冬鳥または旅鳥として秋および春に多数渡来する。全長約27センチメートル、嘴(くちばし)はまっすぐで長い。体の上面にはクリーム色、黒色、褐色が入り混じった複雑な斑紋(はんもん)があるので、地面にじっと伏せていると保護色としての効果がある。水田、ハス田、川の浅瀬などにすみ、日中は水たまりや切り株のそばで休んでいて、夕方から活動を始める。餌(えさ)はミミズや昆虫である。ジェッと鳴いて飛び立つ。狩猟鳥として毎年15万~20万羽捕獲される。

[高野伸二]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android