コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タシギ タシギ Gallinago gallinago; snipe, common snipe

3件 の用語解説(タシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タシギ
タシギ
Gallinago gallinago; snipe, common snipe

チドリ目シギ科。全長 23~28cm。羽色は黒とクリーム色の斑が入り交じり,地面に伏せて動かずにいると発見しにくい。過眼線が淡褐色で後頭まで続き,過眼線の上下はずっと薄く白に近い。はまっすぐで長い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タシギ

シギ科の鳥。翼長13.5cm。後頸,背は黒褐色と黄褐色の斑。ユーラシア・北米中北部等で繁殖する。日本には旅鳥または冬鳥として渡来し,水田や湿地,川や沼などの水辺にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タシギ
たしぎ / 田鷸・田鴫
common snipe
[学]Gallinago gallinago

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。ユーラシアの中部以北、アフリカ南部、北アメリカの中部以北、南アメリカで繁殖し、冬は暖地へ渡る。日本には冬鳥または旅鳥として秋および春に多数渡来する。全長約27センチメートル、嘴(くちばし)はまっすぐで長い。体の上面にはクリーム色、黒色、褐色が入り混じった複雑な斑紋(はんもん)があるので、地面にじっと伏せていると保護色としての効果がある。水田、ハス田、川の浅瀬などにすみ、日中は水たまりや切り株のそばで休んでいて、夕方から活動を始める。餌(えさ)はミミズや昆虫である。ジェッと鳴いて飛び立つ。狩猟鳥として毎年15万~20万羽捕獲される。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タシギの関連キーワード草鷸白千鳥背高鷸玉鷸鰭足鷸シギ(鷸∥鴫)セイタカシギ(丈高鷸)ハマシギ(浜鷸)ヒバリチドリ(雲雀千鳥)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タシギの関連情報