タタールスタン(英語表記)Tatarstan

大辞林 第三版の解説

タタールスタン【Tatarstan】

ロシア連邦に属する共和国。ボルガ川とその支流のカマ川が合流する地域を占め、ボルガ-ウラル油田を控え、石油・化学工業が発達。住民はトルコ系タタール人とロシア人。首都カザン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

タタールスタン

ロシア連邦の一共和国で,ウラル山脈の西方,ボルガ川とカマ川の合流域を占め,面積6万8000km2。主都カザン。人口377万8500人(2010)中,イスラム系のタタール人が48%,ロシア人が43%。旧ソ連時代のタタール自治共和国(1920年成立)が1990年主権宣言を行い改称,1994年ロシア連邦と独自に国家権限分掌の条約を締結。豊かな石油資源があり,タタール語や民族文化の復興運動も盛ん。東隣のバシコルトスタンなどにもタタール人が多い。
→関連項目ウドムルトオルティン・ドーボグン・ドーモルドビアモルドビン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タタールスタン
たたーるすたん
Татарстан Tatarstan

ロシア連邦西部にあるタタール人の共和国。タターリアТатария/Tatariyaともよばれる。ソ連成立後の1920年にタタール自治ソビエト社会主義共和国Татарская АССР/Tatarskaya ASSRとして成立し、ソ連崩壊(1991年12月)後の1992年、ロシア連邦内の共和国となった。正称タタールスタン共和国Республика Татарстан/Respublika Tatarstan。面積6万8000平方キロメートル、人口378万4000(1999)。首都カザン。
 ボルガ川中流のボルガ・カマ川流域にある。西部にボルガ沿岸丘陵、東部にブグリマ・ベレベイ丘陵が走り、中部が平原をなしている。面積の約6分の1が森林で、混交林が多いが、南東部は森林ステップである。トルコ(チェルク)語群に属するタタール語を話すタタール人の国であるが、他地域に居住する人々が多く、この国に住むタタール人は人口の48.5%で、ほかにロシア人(43.3%)、チュバシ人、モルドビン人、ウドムルト人(あわせて3.7%)、その他の民族が多数居住している(1989)。住民の大部分は都市に居住し、西部と東部に都市が多い。
 もっとも重要な産業は石油部門である。共和国は、1930年代より開発されたボルガ・ウラル油田(第二バクー油田)の主要な中心地で、ソ連時代、一時は第一の石油産出高を誇っていた。工業部門では石油採取と関連する機械、化学(合成ゴム、プラスチック、肥料)のほか、木材加工、食品工業が発展している。また自動車(トラック)工業が急速に発展した。農業部門では穀作(ライ麦、小麦)、ジャガイモ栽培、畜産が中心で、毛皮獣の飼育も盛んである。交通は東西を結ぶハイウェー、南北を結ぶ鉄道を中心に、ボルガ、カマ、ベラヤ、ブヤトカ各河川の水運も発達している。[中村泰三・小俣利男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タタールスタンの関連情報