コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タブ たぶ

9件 の用語解説(タブの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

タブ

制御文字ワープロソフトなどで、カーソルや文字の位置を任意の場所にずらすための制御文字Tabキーで入力する。ずらす量を調節することもできる。制御文字タブ区切りテキストダイアログボックスの部品複数のパネルをまとめたダイアログボックスで、パネルの上部にある、パネルの名前が表示されている部分。クリックして表示するパネルを切り替えられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

タブ

2つの意味があります。ひとつは、ワープロなどで、あらかじめ設定しておいた位置にカーソルを移動する機能のことです。そのときに使うのが「Tab」キーです。テキスト形式データでは、数文字分の空白になります。もうひとつは、ウィンドウ内で表示項目を切り替えるときに使う、バインダー見出しのような部分のことです。
⇨インデント、カーソル

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

タブ(tab)

引っ張ったりつるしたりするためのつまみ。
衣服の袖口(そでくち)やポケットなどについているたれ。
コンピューターやタイプライターなどのキーボード上にある「tab」または「Tab」と記されたキー。ワープロソフトや表計算ソフト、タイプライターなどで、あらかじめ設定した位置まで用紙やカーソルを移動する機能をもつ。またはそのための制御文字を指す。タブキー。
タブブラウザーなどのアプリケーションソフトにおいて、ひとつのウインドー内に表示した複数の画面を切り替えて閲覧、利用する方式。GUIの仕組みの一。

タブ(tub)

おけ。また、浴槽。「バスタブ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

タブ【tab】

➀文字列の間の区切りを意味する制御文字のひとつ。◇タブで区切られたテキストファイルの形式を「TSV」という。
ワープロソフトなどで、所定の位置までカーソルを移動させて字下げをする機能。
タブブラウザーなどのウィンドウ内において、複数の画面を切り替えて表示する方式。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

タブ【tab】

〔tabulator の略〕 タイプライターやコンピューターのソフトウエアで、事前に設定した位置まで用紙やカーソルを移動する機能。また、そのためのキー。
コンピューターの GUI 画面における表示部品の一。帳簿やカードのへりに付ける見出し用のつまみを模して、切り替え可能な画面の種類(表題)を一覧表示したもの。 → GUI ( ABC 略語)
衣服の肩や袖口そでぐちにつける布飾り。
帽子の耳おおい。

タブ【tub】

おけ。ふろ桶。 「バス--」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タブ
タブ
tab

航空機の昇降舵方向舵補助翼などの主操縦翼面についている小さな可動翼。トリムタブ,サーボタブなど各種あり,いずれも舵面の操舵力を軽減または調整するために用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タブ
たぶ
tab

航空機の主操縦翼面(方向舵(ほうこうだ)、昇降舵、補助翼)の後端に丁番(ちょうつがい)止めされて操縦翼面の働きを補う可動式の小翼。形式や用途によっていくつかの種類がある。〔1〕トリム・タブ 長時間にわたって飛行機の姿勢を維持しようとするとき、一定の舵角を操縦力ゼロで保たせるために用いる。操縦桿(かん)や方向舵ペダルとは別の系統で操作する。〔2〕サーボ・タブ(コントロール・タブ) 大型機で操縦士の操舵力を補うもので、直接翼面を動かさずタブを操作して空力的な力を生じさせて舵面を動かす。〔3〕バランス・タブ 操舵力を調整するために用いられ、操縦翼面と逆の方向に動いて操舵力を軽くするが、逆に舵(かじ)の効きを高めたり操舵を制限するために重くするものもある(この場合はアンチバランス・タブという)。〔4〕スプリング・タブ バランス・タブの一種で、主として大型機に用いられ、タブは低速時にはスプリングで押さえられて作用しないが、高速時はバランス・タブとして働いて操舵力を軽くし、飛行速度に適した操舵力を与える機能をもつ。〔2〕以下の三つのタブはトリム・タブと違って、操縦桿や方向舵ペダルに直接結ばれている。[落合一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタブの言及

【舵】より

…どの飛行機にもあるとは限らない。二次操縦翼面は油圧,電気など機力で動かすのがふつうであるが,タブは人力で操作する機体が多い。(1)タブtab 主操縦翼面の後部にある小さな舵のようなもので,主操縦翼面が人力操縦の場合によく見られる。…

※「タブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タブの関連キーワード車地窯印切った張った注連吊るし大根引っ張り引っ張り込む引っ張り出す引伸ばし引っ張り餅

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タブの関連情報