コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマバチ タマバチ Cynipoidea; gall wasp; cynipid

3件 の用語解説(タマバチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマバチ
タマバチ
Cynipoidea; gall wasp; cynipid

膜翅目タマバチ上科に属する昆虫の総称。別名フシバチともいう。大部分は小型のハチで,前胸背の両後側角は肩板に達し,腹部は左右著しく側圧される。触角は折れ曲らない。前翅の径室はほぼ完全である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タマバチ

膜翅(まくし)目タマバチ科の昆虫の総称。体長1〜6mmの微小種ばかりで,黒色または褐色,無翅のものは一見アリに似る。世代交番をする種類では雌ばかりで冬を越す。また常に雌ばかり現れる種類もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タマバチ
たまばち /
gall wasp

昆虫綱膜翅(まくし)目タマバチ科Cynipidaeの昆虫の総称。体長5ミリメートル以下の小さなハチで、その多くは植物の組織に寄生してゴール(虫こぶ)をつくり、その中で成育する。寄生する部位も根、葉、若芽、若枝、花などいろいろである。ゴールをつくるハチを作(さくえい)バチとよぶ。このゴールに寄生するタマバチもいるので、これを寄居(ききょ)バチとよぶ。この作バチや寄居バチは互いに密接な関係をもっているものが多い。人間のセックスの研究で有名になったアメリカの昆虫学者キンゼイの調査によると、作バチの86%はクヌギ、カシワ、カシなどクエルクス属Quercusの植物に、残りの7%はバラなどのローサ属Rosaに、ほかの7%がキク科に寄生するという。
 タマバチ科のなかには、このほかハエに寄生する種類や、植物寄生のアブラムシに寄生するアブラバチを寄主とするものもある(これをアブラムシの二次寄生バチという)。タマバチにはクリタマバチのように単為生殖によって雌バチばかりで繁殖するものや、単為生殖と有性生殖を繰り返す(世代交代)ものもある。コナラに寄生するナラリンゴタマバチBiorhiza weldiの春のゴールを、ナラメリンゴフシというが、これは有性世代で、一つのゴールから60~70匹ものハチが出てくる。雌だけ出る場合と雌と雄が出てくるゴールもある。産まれてきた雌は交尾後木を降りてコナラの根に産卵する。できたゴールがナラネタマフシで、この中からは無翅の雌バチしか出てこない。このハチが12月の寒い季節に出現し、コナラをよじ登り、小枝の芽に産卵する。そうしてできるのが春のゴールである。[平嶋義宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タマバチの関連キーワード小蜂似我蜂癭蜂土蜂葉切蜂葉蜂姫蜂鼈甲蜂飴蜂姫花蜂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タマバチの関連情報