コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルコフスキー Tarkovskii, Andrei Arsen'evich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルコフスキー
Tarkovskii, Andrei Arsen'evich

[生]1932.4.4. イワノフ
[没]1986.12.28. パリ
ソ連の映画監督。作品数は少いが,ソ連で最も才能ある監督の一人といわれた。長編第1作『僕の村は戦場だった』 Ivanovo detstvo (1962,ベネチア国際映画祭サン・マルコ金獅子賞) 以来,1作ごとに国際的な注目を浴びた。ほかに,『惑星ソラリス』 Solyaris (72) ,『サクリファイス』 The Sacrifice (86) ,など。 84年以降,亡命を希望し,西側に滞在した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

タルコフスキー(Andrey Arsen'evich Tarkovskiy)

[1932~1986]ソ連の映画監督。詩的、象徴的作風により、精神的な閉塞状況下における魂の救済の問題を追求。1984年に亡命。作「僕の村は戦場だった」「惑星ソラリス」「サクリファイス」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

タルコフスキー

ロシアの映画監督。ザブラジエ生れ。ソ連邦国立映画高等学院の卒業製作として監督した《ローラーとバイオリン》(1960年)で国際的に注目される。〈存在〉〈記憶〉〈宇宙〉などをテーマに,深い思索にもとづいた話題作を発表。
→関連項目ルブリョフ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

タルコフスキー【Andrei Arsenevich Tarkovskii】

1932~1986) ソ連の映画監督。検閲と戦いながら、独自の映像の世界を追求。監督作品「アンドレイ=ルブリョフ」「惑星ソラリス」「鏡」「ストーカー」など。亡命してパリで没。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タルコフスキー
たるこふすきー
Андрей Арсеньевич Тарковский Andrey Arsen'evich Tarkovskiy
(1932―1986)

ロシアの映画監督。ソ連時代に活躍した。映画大学の卒業制作『ローラーとバイオリン』(1960)で注目され、続く長編劇映画第1作『僕の村は戦場だった』(1962)は斬新(ざんしん)な映像感覚によって国際的な評判を巻き起こした。以後、作品数は少ないが一作ごとに話題をよび、ソ連時代のもっとも力量ある、かつ異色の映画監督と評価されたが、イタリアで撮った『ノスタルジア』(1983)の発表後、1984年に亡命、スウェーデンで撮った『サクリファイス』(1986)が遺作となる。ほかの作品に『アンドレイ・ルブリョフ』(1969)、『惑星ソラリス』(1972)、『鏡』(1975)、『ストーカー』(1979)がある。[岩本憲児]

資料 監督作品一覧

ローラーとバイオリン Katok i skripka(1960)
僕の村は戦場だった Ivanovo detstvo(1962)
アンドレイ・ルブリョフ 動乱そして沈黙(第1部)、試練そして復活(第2部) Andrey Rublev(1969)
惑星ソラリス Solyaris(1972)
鏡 Zerkalo(1975) 
ストーカー Stalker(1979)
ノスタルジア Nostalghia(1983)
サクリファイス Offret(1986)
『『タルコフスキー、好きッ!』(1986・ダゲレオ出版) ▽ミシェル・エスティーヴ編、鈴村靖爾訳『タルコフスキー』(1991・国文社) ▽アンドレイ・タルコフスキー著、鴻英良他訳『タルコフスキー日記――殉教録』全2巻(1991~1993・キネマ旬報社) ▽馬場広信著『タルコフスキー映画――永遠への郷愁』(2002・みすず書房) ▽西周成著『タルコフスキーとその時代――秘められた人生の真実』(2011・アルトアーツ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タルコフスキーの関連キーワードアンドレイ ミハルコフ・コンチャロフスキーレム(Stanisław Lem)アレクサンドル ソクーロフアナトリー ソロニーツィンユーリー ノルシュテインニコライ ブルリャーエフアンドレイ ネクラーソフアンドレイ・ルブリョフサンガルガーノ修道院ソラリスの陽のもとにセルゲイ ボドロフストルガツキー兄弟V. ボゴモロフモスフィルムストーカーロシア映画ボゴモロフSF映画グエッラ4月4日

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タルコフスキーの関連情報