タンガニーカ(英語表記)Tanganyika

翻訳|Tanganyika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンガニーカ
Tanganyika

タンザニアの大陸部分。グレートリフトバレーの中央部からインド洋岸までの地域で,大部分は標高 1000~1400mの高原。北東部にキリマンジャロ山,北,西の国境にビクトリア湖タンガニーカ湖があり,湖水面積は5万 1200km2に上る。気温は海岸部は高温多湿,高原は比較的涼しい。古くからアラブ人による奴隷狩りが行なわれ,18世紀からオマーンのザンジバル王国がスルタン領として支配。 1884~85年のアフリカ分割に関するベルリン会議により,1885年ドイツの占領が国際的に認められ,1891年ドイツ領東アフリカの一部 (保護領) となった。 1920年イギリス委任統治領となり,1961年イギリス連邦内の自治国として独立,1962年タンガニーカ共和国となった。 1964年4月ザンジバル人民共和国と合邦してタンガニーカ=ザンジバル連合共和国を形成,1964年 10月タンザニア連合共和国となった。 1993年8月,タンガニーカに独自の自治政府をつくることが共和国国民会議に承認された。農林業が主で,商品作物はサイザルアサをはじめ,コーヒー,綿花,タバコ,カシューナッツなど。ダイヤモンドが採掘され,ビクトリア湖,タンガニーカ湖では漁業も盛ん。地域の3分の2がツェツェバエの生息地。人口 1707万 6270 (1988) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

タンガニーカ【Tanganyika】

東アフリカ、タンザニアの大陸部を占める地域。一九世紀末からドイツ領・イギリス領を経て、1961年独立。64年ザンジバルと合併してタンザニアとなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンガニーカ
たんがにーか
Tanganyika

東アフリカ、タンザニアの大部分を占める地域。東はインド洋沿岸から西はアフリカ大地溝帯に至る。面積94万2626平方キロメートル、人口約3500万(2001推計)。第一次世界大戦後の1919年、ベルサイユ講和条約で、それまでのドイツ領東アフリカの大部分は、イギリスの国際連盟委任統治領となり、その地をタンガニーカとよんだ。第二次大戦後、国際連合の信託統治領となり、1961年イギリス連邦の自治国として独立、64年ザンジバルと合邦してタンザニア連合共和国となった。[赤阪 賢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

タンガニーカ

(Tanganyika) アフリカ東部、タンザニアの大部分を占める地域。ビクトリア湖・タンガニーカ湖・マラウイ湖に囲まれ、インド洋に面する。一九世紀ドイツ領となり、第二次世界大戦後イギリスの委任統治領となった。一九六一年タンガニーカ共和国として独立。六四年ザンジバルと連合して、タンザニア連合共和国となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のタンガニーカの言及

【イギリス領東アフリカ】より

…植民地時代のケニア,ウガンダ,タンガニーカ,ザンジバルの4地域の総称。場合によってはインド洋上のセーシェル諸島も含める。…

【タンザニア】より

…正式名称=タンザニア連合共和国United Republic of Tanzania面積=94万5090km2人口(1996)=2883万人首都=ダル・エス・サラームDar es Salaam(日本との時差=-6時間)主要言語=スワヒリ語,バントゥー諸語,英語通貨=タンザニア・シリングTanzania Shillingアフリカ大陸の東部にあり,インド洋に面した連合共和国。以前タンガニーカTanganyikaと呼ばれた本土部と,ザンジバルZanzibarと呼ばれる島嶼部よりなる。1964年4月27日に両者の合邦が成立したのち,タンガニーカとザンジバルの両方の名を合わせ,タンザニア連合共和国と国名を改めた。…

※「タンガニーカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android