コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンチョウ タンチョウ Grus japonensis; red-crowned crane

2件 の用語解説(タンチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンチョウ
タンチョウ
Grus japonensis; red-crowned crane

ツル目ツル科。全長 1.2~1.5m,翼開張 2.4mで,日本産の鳥のなかでは最大の一種である。羽色はほとんど白色だが,眼先から頸,次列風切および三列風切が黒く,頭頂は赤い皮膚が裸出している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンチョウ
たんちょう / 丹頂
Japanese crane
[学]Grus japonensis

鳥綱ツル目ツル科の鳥。日本の鳥のなかでも姿がもっとも優美であり、また「鶴(つる)は千年」の言い伝えから、古来長寿やめでたいことのシンボルにされている。全長約1.4メートル。体は白色で、眼先(めさき)、のどから頸側(けいそく)にかけて黒く、頭頂に赤色裸出部がある。次列・三列風切(かざきり)は黒く、飾り羽状に長く伸びて、尾の上を覆う。このため、一見尾が黒いようであるが、尾羽は白い。シベリア南東部、中国東北部、北海道の釧路(くしろ)・根室地方で繁殖する。大陸のものは冬期に朝鮮半島、中国東部に渡るが、北海道では留鳥として周年生息し、2009年1月の調査では1065羽が確認された。しかし、明治維新以前には、繁殖しているもののほかに、各地に冬鳥として渡来するものが多かったといわれている。
 広い湿地にすみ、種子、芽、若根、穀物、水生の小動物などを食べている。湿地の中にアシや枯れ茎を積み上げて、直径1メートル以上、高さ70~80センチメートルに及ぶ大きな巣をつくり、1腹2個の卵を産む。抱卵は雌雄交代で行い、抱卵期間は約33日。雛(ひな)は黄褐色の綿毛に覆われ、2個の卵から1羽だけ生き残ることが多いようである。各種のディスプレーのなかでは、ダンスと鳴き合いがよく知られていて、とくに春先によくみることができる。
 北海道では、1952年(昭和27)の冬、猛吹雪(もうふぶき)のためタンチョウが飢えそうになったのをきっかけに、毎冬トウモロコシの餌(え)まきが行われるようになり、その結果人家近くにもすむようになった。こうしたことから、タンチョウ保護に対する一般の関心も高まり、また1958年には釧路市に丹頂鶴(たんちょうづる)自然公園が開園、タンチョウを見にくる観光客も増えた。1952年タンチョウと生息地は特別天然記念物に指定され、1964年に北海道鳥、1967年区域を定めず特別天然記念物となっている。なお、タンチョウヅルともよばれるが、和名はタンチョウというのが正しい。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タンチョウの関連キーワードナベヅル金の蔓かわつるみ黒鶴吊るしつるっ禿藤葛鶴擬鶴賀鶴吉(5代)ツルモドキ(擬鶴)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タンチョウの関連情報