コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイシャクシギ ダイシャクシギ Numenius arquata; Eurasian curlew

3件 の用語解説(ダイシャクシギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイシャクシギ
ダイシャクシギ
Numenius arquata; Eurasian curlew

チドリ目シギ科。全長 50~60cmの大型のシギ。頭部から背面の上部は淡褐色で黒褐色のまだら模様が不連続に並ぶ縦斑がある。腰は白く,胸以下の下面の中央部も白い。はきわめて長く,下方に湾曲する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダイシャクシギ

シギ科の鳥。翼長30cm,背面は黄褐色で黒褐色の斑紋があり,腹面は白色。くちばしは長く下へ曲がる。ユーラシア大陸中部で繁殖し,冬は南方へ渡る。日本には旅鳥として春と秋に干潟,海岸などに渡来する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダイシャクシギ
だいしゃくしぎ / 大杓鷸
curlew
[学]Numenius arquata

鳥綱チドリ目シギ科の鳥。アジアヨーロッパの中部で繁殖し、冬にはアフリカ東南アジアに渡る。日本には旅鳥として渡来するが、なかには越冬するものもある。全長約60センチメートル、シギ科の鳥ではいちばん大きい。嘴(くちばし)は長くて下に曲がり、これでカニをとって食べる。体は淡褐色の地に黒褐色の縦斑(じゅうはん)があり、腰の部分は白い。広い干潟にすみ、九州の有明海では数十羽の群れが越冬する。春と秋には、よく似たホウロクシギと混群をつくることも多い。群れのときには隊列を組んで飛び、英名の由来となったカーリューという大きな声で鳴く。ツンドラの地上に巣をつくり、4個の卵を産む。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイシャクシギの関連キーワードシイラスナヤツメマガモ青足鴫青鷸磯鷸草鷸田鷸青鵐シギ(鷸∥鴫)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダイシャクシギの関連情報