コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダリウス Darius

百科事典マイペディアの解説

ダリウス

ダレイオス[1世]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のダリウスの言及

【ダレイオス[1世]】より

…ダレイオスはギリシア語読みで,古代ペルシア語ではダーラヤワウシュDārayavaush。またラテン語,英語などではダリウスDariusという。アケメネス朝傍系のヒュスタスペスHystaspēsの子。…

※「ダリウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダリウスの関連キーワードガーナー(Erroll Garner)ヒッピアス(古代ギリシアの僭主)ライヒ(Steve Reich)シューシュタルの歴史的水利施設アルタクセルクセス(1世)フィリップ ジュジアーノテヘラン国立考古博物館ナクシュ・イ・ロスタムホール オーバートンクセルクセス(1世)ジェリー バーガンジシュトックハウゼンダレイオス[1世]古代ペルシア文字ガウガメラの戦いダリウス(1世)ダレイオス2世イッソスの戦い屋根の上の牡牛ボスポラス海峡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android