コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チカラシバ

百科事典マイペディアの解説

チカラシバ

イネ科の多年草。北海道南西部〜沖縄,東アジアなどに分布し,日当りのよい路傍や野原に普通にはえる。葉は根生し長い。高さ30〜60cm。8〜9月,茎頂に円柱状の花穂をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チカラシバ【Pennisetum alopecuroides (L.) Spreng.】

日当りのよい草原や畑の縁,道端などに大きな株を作っているイネ科の多年草(イラスト)。根が非常に強くて,なかなか引き抜けないので力芝和名がある。葉は根生で,多数密生し,長い線形で,長さ30~60cm,幅は5~8mm,濃い緑色である。茎は葉の間に多数見え,細いが硬く,枝分れせず,長さ40~80cm,夏から秋にかけて,その頂に1個の尾状の花序を出す。花序は立ち,見かけ上は穂状で,長さ10~15cm,直径1.5~2cmあり,枝が退化した多数の芒(のぎ)状の刺毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チカラシバ
ちからしば / 力芝
[学]Pennisetum alopecuroides (L.) Spreng.

イネ科の多年草。根茎は発達して強く、稈(かん)は株立ちし、高さ30~80センチメートル。葉は線形で、幅7~8ミリメートル。8~11月、稈頂に暗紫色で円柱状の円錐(えんすい)花序をつける。小穂は長さ約7ミリメートル、小花が2個ある。不稔(ふねん)性の花序の分枝は基部で癒合し、長さ2~3ミリメートルの小穂柄に移行して数個の小穂を包み、成熟すると小穂とともに花穂の主軸から脱落する。道端、草原に普通に生え、北海道から沖縄、および中国、マレーシア、ポリネシアに分布する。チカラシバの名は、大きな株となって根が強く張り、引き抜くのに力を要することによる。暖地の海岸の岩地に生え、葉幅が1ミリメートルしかないのは別種シマチカラシバとして区別する。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チカラシバの関連キーワードチカラシバ(力芝)エレファントグラスミチシバ(道芝)ネピアグラス野草(植物)トウジンビエナギ(梛)ジャバル川ウキシバ狐茅花犬茅花小穂路芝道芝ナギ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android