コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チカラシバ

3件 の用語解説(チカラシバの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

チカラシバ

イネ科の多年草北海道南西部〜沖縄,東アジアなどに分布し,日当りのよい路傍や野原に普通にはえる。葉は根生し長い。高さ30〜60cm。8〜9月,茎頂に円柱状の花穂をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チカラシバ【Pennisetum alopecuroides (L.) Spreng.】

日当りのよい草原や畑の縁,道端などに大きな株を作っているイネ科の多年草(イラスト)。根が非常に強くて,なかなか引き抜けないので力芝の和名がある。葉は根生で,多数密生し,長い線形で,長さ30~60cm,幅は5~8mm,濃い緑色である。茎は葉の間に多数見え,細いが硬く,枝分れせず,長さ40~80cm,夏から秋にかけて,その頂に1個の尾状の花序を出す。花序は立ち,見かけ上は穂状で,長さ10~15cm,直径1.5~2cmあり,枝が退化した多数の芒(のぎ)状の刺毛がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チカラシバ
ちからしば / 力芝
[学]Pennisetum alopecuroides (L.) Spreng.

イネ科の多年草。根茎は発達して強く、稈(かん)は株立ちし、高さ30~80センチメートル。葉は線形で、幅7~8ミリメートル。8~11月、稈頂に暗紫色で円柱状の円錐(えんすい)花序をつける。小穂は長さ約7ミリメートル、小花が2個ある。不稔(ふねん)性の花序の分枝は基部で癒合し、長さ2~3ミリメートルの小穂柄に移行して数個の小穂を包み、成熟すると小穂とともに花穂の主軸から脱落する。道端、草原に普通に生え、北海道から沖縄、および中国、マレーシア、ポリネシアに分布する。チカラシバの名は、大きな株となって根が強く張り、引き抜くのに力を要することによる。暖地の海岸の岩地に生え、葉幅が1ミリメートルしかないのは別種シマチカラシバとして区別する。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チカラシバの関連キーワード敦盛草瓜草雄日芝鈴柴胡雀の稗糸点突大油薄反当り日当りナズナ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone