コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チガヤ チガヤ Imperata cylindrica var. koenigii; cogon grass

4件 の用語解説(チガヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チガヤ
チガヤ
Imperata cylindrica var. koenigii; cogon grass

イネ科の多年草で各地の原野や川の堤などに群生する。アジアアフリカの温帯から熱帯に広く分布し,また北アメリカに帰化している。白色の細長い根茎が地中を長くはってふえる。稈は細く節に毛をもち,線形の葉が互生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チガヤ

イネ科の多年草。日本全土の野原や堤防に普通にはえ,アジア,アフリカの暖帯に広く分布する。長い地下茎から束生する茎は高さ30〜70cmで,節には白毛がある。春に開花。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チガヤ【Imperata cylindrica (L.) P.Beauv.var.major (Nees) C.E.Hubbard】

山地や原野の日当りのよい草地,河原や河川の堤防などに群生するイネ科の多年草(イラスト)。地下に細長い根茎が横にはう。茎は散生して,細く,高さ30~70cmで,2~3節があり,葉は2~3枚で,線形,長さ20~40cm,幅は7~12mm,先端はしだいに長くとがり,節にはふつう毛があるが,この節に毛がある品種をフシゲ(節毛)チガヤ,毛のないものをケナシチガヤとして区別する。初夏に花が咲く。茎の先に長さ10~20cm,幅1cmくらいの白い尾状の花序を出し,やや一方に傾く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チガヤ
ちがや / 血茅
[学]Imperata cylindrica (L.) Beauv. var. major (Nees) C. E. Hubbard

イネ科の多年草。根茎は鱗片(りんぺん)に覆われ、発達して深く地中を横にはい、きわめてじょうぶで、地上部が焼き払われても枯死しない。稈(かん)は直立し、高さ30~80センチメートル。4~6月、稈頂に白毛に覆われた円柱状の円錐(えんすい)花序をつくる。小穂は長さ約4ミリ、小花は2個。小穂は対(つい)をなしてほぼ同形、基盤とともに白い長毛がある。小穂は成熟すると脱落しやすいが、小花穂の軸と花序の分枝は長く残る。雄しべは2本。日当りのよい平地に群生し、日本全土、およびアジア、アフリカ、ヨーロッパの暖地に広く分布する。若い花序は甘味があり、ツバナ(茅花)と称し、子供が食べる。[許 建 昌]

薬用

地下を長く横に走っている細い根茎を、漢方では茅根(ぼうこん)または白(はく)茅根と称する。これには、利尿、止血作用のほか、身体内部の熱を除く作用(清熱)があるため、小便不利、浮腫(ふしゅ)、血尿、鼻血、吐血、口渇、腎炎(じんえん)、黄疸(おうだん)、肺炎などの治療に用いる。また、蟯虫(ぎょうちゅう)駆除作用もあるといわれている。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチガヤの言及

【カヤ(茅∥萱)】より

…ススキ,オギ,チガヤなど,主として屋根をふく材料に用いられるイネ科の植物の総称。古来〈刈屋(かりや)の約〉とか〈上屋(かや)の意〉などその語源について諸説があるが,金思燁によれば〈茅〉にあたる古代朝鮮語が,母音子音ともに日本語の〈カヤ〉に対応しており,朝鮮語に基づく可能性が強い。…

【ちまき(粽)】より

…また,《古今名物御前菓子図式》(1761)には,葛(くず)ちまき,小倉ちまきなどの記載があり,これらは葛,ようかん,ういろうを材料とした水仙ちまき(葛ちまき),ようかんちまき,ういろうちまきなどとして現在でも端午の節句が近づくと菓子屋の店頭で見ることができる。ところで,日本語のちまきは飯や餅をチガヤなどの葉で巻き込んだための名であり,漢字を使うようになったとき,これに〈粽〉の字をあてたものである。文字とともに中国での風習も導入された結果,5月5日の節物として認識されることが多くなったわけだが,今でも全国的に見れば盆や正月の食物としているところも少なくない。…

※「チガヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チガヤの関連キーワード雀の稗大油薄日当りカワラサイコクサフジクサボケテリハノイバラトモエソウノウルシヤマボクチ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チガヤの関連情報