チャルトルイスキ(英語表記)Czartoryski, Adam Jerzy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャルトルイスキ
Czartoryski, Adam Jerzy

[生]1770.1.14. ワルシャワ
[没]1861.7.15. モンフェルメーユ
ポーランドの政治家。 A.K.チャルトルイスキの子。西ヨーロッパ各国に遊学,イギリスの自由主義的保守主義の影響を受ける。 1791年帰国,翌年対ロシア戦争に参加,ポーランドの第3次分割 (1795) 後,所領の回復を求めてペテルブルグにおもむき,ロシア政府に仕官。アレクサンドル大公 (のちの皇帝アレクサンドル1世) と親交を結び,その即位後政治顧問として,政府改革案を作成。 1802年ロシア外相代理,03年ウィルノ教育区主事となり,ポーランド語学校の発展に尽力。 04年外相に就任,英露協調に基づく世界平和を提唱し,またロシアの保護下にポーランドを独立させる「プワーウィ構想」を発表,しかし皇帝の同意が得られず失敗した。 06年反ナポレオン作戦不成功の責任をとって外相辞任。ナポレオン没落後ウィーン会議で活躍,アレクサンドルを元首にいただく自治的なポーランド王国の創設に努力した。 16年政界引退。 27年『外交論』 Essai sur la diplomatieにおいて国際連盟を提唱。十一月蜂起 (1830~31) に際しては,当初反対,のち蜂起政府首班となった。敗北後,パリに亡命。その居所ランベール館を中心に亡命ポーランド人を組織,「無冠のポーランド王」と称された。西ヨーロッパ列強の介入によって独立回復をはかったが,一月蜂起を準備中にフランスで客死。

チャルトルイスキ
Czartoryscy, Kazimierz

[生]1674
[没]1741
ポーランドの政治家。リトアニア蔵相,副宰相を歴任。ロシアに対抗し,近代的な中央集権国家の創設を目指した。一族郎党から成る政党「ファミリア」を結成,改革期ポーランドの内政に大きな影響を及ぼした。

チャルトルイスキ
Czartoryscy, Adam Kazimierz

[生]1734
[没]1823
ポーランドの大貴族 (→マグナート ) 。政治家,著述家。 18世紀ポーランドの啓蒙的大貴族の代表者。 1763年王位を提供されたが,家門に逆らってこれを断り,スタニスワフ2世アウグスト・ポニャトフスキに譲った。雑誌『モニトル』の刊行,騎士学校 (士官学校) の創立,国民教育委員会の一員として活動。農民保護,市民階級の国政参加を主張し,『五月三日憲法』を支持した。

チャルトルイスキ
Czartoryscy, Władysław

[生]1828
[没]1894
ポーランドの大貴族 (→マグナート ) ,政治家。 1863年の一月蜂起の国民政府外交代表。以後チャルトルイスキ家の歴史文書,美術品の保存に専念,クラクフに博物館を設立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャルトルイスキ
ちゃるとるいすき
Adam Jerzy Czartoryski
(1770―1861)

ポーランドの政治家。大貴族の出身。1792年の対ロシア戦争に参加した。ポーランド第三次分割後、アレクサンドル1世の信任を受け、1802年ロシアの外相代理に就任し、04~06年には外務省の実権を握った。また、ビルニュス学区長として、ポーランドの学術、文化の発展にも寄与した。当初はロシアの庇護(ひご)によるポーランドの統合を意図し、ウィーン会議ではポーランド王国の創設に努力した。しかし30~31年の対ロシア蜂起(ほうき)時には、国民政府の首班となって蜂起を指導した。蜂起敗北後はパリに亡命し、亡命右派のホテル・ランベール派を指導、外交手腕を駆使してイギリス、フランス政府の援助によるポーランド独立運動を展開し、バルカンの民族運動にも影響を与えた。[安部一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android