コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンドラセカール チャンドラセカール Chandrasekhar, Subrahmanyan

6件 の用語解説(チャンドラセカールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンドラセカール
チャンドラセカール
Chandrasekhar, Subrahmanyan

[生]1910.10.19. ラホール
[没]1995.8.21. シカゴ
インド (現パキスタン領内) 生れのアメリカ天体物理学者。 S.C.V.ラマンの甥。マドラス大学ケンブリッジ大学トリニティ校などで学び 1937年にシカゴ大学に移る。 1930年代前半に,天体内部の水素がすべてヘリウムに変ったのち,天体はエネルギーを失い自分の重力によって収縮していくとの理論を立てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

チャンドラセカール(Subrahmanyan Chandrasekhar)

[1910~1995]米国の理論天体物理学者。インド生まれ。恒星大気、恒星内部構造、恒星系の力学などを広範囲に研究、ブラックホール研究の先鞭をつけた。1983年、ノーベル物理学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

チャンドラセカール

米国の天文学者。インドのラホールに生まれ,マドラス大学を出て1930年渡英,1936年渡米。1944年シカゴ大学教授,1953年米国に帰化。恒星の大気,内部構造,恒星系の力学等を理論的に研究,チャンドラセカールの限界(太陽の質量のほぼ1.4倍)以下の恒星は進化の最後に白色矮星(わいせい)になるが,それより大きい恒星はその前に大爆発を起こして余分の質量をふきとばす(超新星)という説を立てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チャンドラセカール【Subrahmanyan Chandrasekhar】

1910‐95
アメリカの理論天体物理学者。インドのラホール(現,パキスタン)に生まれ,マドラス大学およびイギリスのケンブリッジ大学で学ぶ。1936年渡米,53年帰化。諸大学を歴任の後,1944年よりヤーキス天文台教授となる。21歳のとき,白色矮星(わいせい)の内部構造の研究からその質量には上限(電子の縮退圧によって,平衡を保つことのできる質量には限界があり,その限界をチャンドラセカール限界という)があることを発見,これよりも重い星は進化の途上で余分な質量を放出せざるを得ないことを示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チャンドラセカール【Subrahmanyan Chandrasekhar】

1910~1995) アメリカの理論天体物理学者。インド生まれ。恒星大気、恒星の内部構造、恒星系の力学、放射輸送など、卓越した数学力による研究を行い、ブラック-ホールの問題に先鞭をつけた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャンドラセカール
ちゃんどらせかーる
Subrahmanyan Chandrasekhar
(1910―1995)

アメリカの天体物理学者。イギリス領インドのラホール(現在はパキスタン)に生まれる。チェンナイ(マドラス)のプレジデンシー・カレッジで理論物理学を学び、1930年卒業。ケンブリッジ大学に留学し、1933年に博士号を取得、また同大の特別研究生になった。1937年渡米し、シカゴ大学で准教授を務め、1944年教授に昇格、1986年退職し名誉教授となった。その間、1953年にアメリカの市民権を取得、また学術雑誌『天体物理学』Astrophysical Journalの編集長を務めた。
 星の内部構造と進化について研究した。星はその質量によって異なった進化の過程をとる。彼は、太陽の質量の1.4倍を限界点として、それ以上の質量の星は超新星として爆発して進化を終え、それ以下の質量の星は白色矮星(わいせい)とよばれる高温の小さな星となり、やがて終焉(しゅうえん)を迎えるとした。この限界点は「チャンドラセカールの質量限界」とよばれている。このほか、恒星大気の放射輸送、恒星の電磁流体力学的研究、ブラック・ホールの研究などがある。1983年に「天体の構造と進化の物理的過程に関する理論研究」でノーベル物理学賞を受賞。宇宙空間における元素の形成にとって重要な核反応を研究したファウラーとの同時受賞であった。なお、1999年7月に打ち上げられたアメリカのX線観測衛星は、彼の名にちなみ、「チャンドラ」と名づけられた。[編集部]
『S・チャンドラセカール著、長田純一訳『星の構造』(1973・講談社) ▽S・チャンドラセカール著、中村誠太郎監訳『チャンドラセカールの「プリンキピア」講義――一般読者のために』(1998・講談社) ▽桜井邦朋著『天体物理学の基礎』(1993・地人書館) ▽Arthur S. EddingtonThe Internal Constitution of the Stars(1988, Cambridge University Press)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャンドラセカールの関連キーワードサハタム萩原雄祐ロンドンワインバーグ=サラムの理論アメリカンドリームアメリカンマインドアメリカの夢アメリカの影アメリカン・バンド

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャンドラセカールの関連情報