コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーチスト運動 チャーチストウンドウ

デジタル大辞泉の解説

チャーチスト‐うんどう【チャーチスト運動】

Chartist》1830年代後半から始まった英国の労働者階級の普通選挙権獲得運動。名称は、運動の要求書People's Charter(人民憲章)に由来する。内部対立や弾圧によって1848年以後衰え、1850年代に消滅した。チャーチズム

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

チャーチスト運動【チャーチストうんどう】

19世紀英国で展開された労働者階級を主体とした政治運動。1832年の選挙法改正に不満な労働者および一部商工業者が,オーエンラベット,アトウッドらを中心に結束。
→関連項目オコーナー産業革命普選運動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャーチストうんどう【チャーチスト運動 Chartist Movement】

1838年から50年代にかけて,普通選挙を要求してイギリスで展開された労働者階級の大衆的政治運動。チャーチスト(憲章主義者)の名称は,〈人民憲章People’s Charter〉を要求綱領としたことによる。 産業革命の終期に当たる1830年代初頭のイギリスでは,富裕な産業資本家層の対極に貧しい労働者階級が形成され,彼らは階級として結束し,労働組合や協同組合をつくり,普通選挙を要求して独自に運動を起こすまでに成長していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

チャーチストうんどう【チャーチスト運動】

1832年の選挙法改革後にイギリスで展開された、労働者・民衆の選挙権獲得運動。政治参加と普通選挙制の実現を目指して大規模な署名・請願・ストライキ活動を行なったが、弾圧などで50年代以降衰退。チャーチズム。 → 人民憲章

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のチャーチスト運動の言及

【イギリス】より

…1824‐25年の団結禁止法撤廃は自由主義経済思想の勝利だったが,27年には〈ソーシャリスト(社会主義者)〉という言葉がオーエン主義の機関紙に登場し,協同とコミュニティと組合が当時の労働運動を特徴づけた。第1次選挙法改正(1832)の階級的性格が露呈され,政治的民主主義の確立をめざすチャーチズム(チャーチスト運動)がこれにつづくが,ビクトリア中期の繁栄のなかで,飢餓と貧困に結びついたこの運動の政治的基盤が消え,自助の時代が到来する。51年結成の合同機械工組合は豊かな資金と統制力とをもつ〈新型〉組合で,この種の組合の〈労働貴族〉の圧力のもとに67年の第2次選挙法改正が実現する。…

【人民憲章】より

…同協会の指導者W.ラベットが起草し,急進派議員J.ローバックと元議員F.プレースがそれに補正を加えて法案形式で完成,同協会員と急進派議員各6名からなる合同委員会の議を経て5月8日発表された。この憲章は,8月6日のバーミンガム大集会以後,大衆運動の要求綱領となり,その名にちなんだチャーチスト(憲章主義者)運動が始まった。その内容は次の6項目からなる。…

【選挙法改正】より

… 1867年の改正は,都市選挙区において都市の上層労働者に選挙権を拡大したことをその骨子とする。都市の工業労働者は,すでに1832年の選挙法改正に際しても,成年男子普通選挙権の要求を掲げて運動を展開したが成功せず,またその後30年代末から50年代にかけてチャーチスト運動を展開し,成年男子普通選挙権,秘密投票制などを要求して闘ったが,この運動も実らなかった。だが,50,60年代の著しい経済発展のなかで労働者の地位は向上し,彼らへの選挙権拡大がしだいに時代の要請となった。…

【48年革命】より

…政治的にはフランス革命の理念の展開を抑えるウィーン体制が存在していたが,革命の理念はそれを超えてさまざまな展開を示し体制をその基盤から揺り動かした。スペインの〈リエゴの進軍〉(1820),ギリシア解放戦争(1821),フランス七月革命(1830),ポーランドの蜂起(1830),リヨン労働者の蜂起(1830,34),イギリスのチャーチスト運動の高揚(1839,42,48),シュレジエン織工一揆(1844)と続く運動はしだいにフランス革命の理念さえも超えた意味内容を持ったものになっていった。すなわち産業革命にともなう工業の発展は新たな階級としてのプロレタリアートを創出し,革命運動に新たな対立構造を付け加え,それとともに革命の社会的側面が強調されることとなった。…

【労働運動】より

ラッダイト運動はその好例であり,R.オーエンに指導された全国労働組合大連合(1834)も単に労働時間の短縮だけでなく,新しい秩序を目ざす運動であった。チャーチスト運動は労働者階級による最初の大規模な政治的運動であった。議会への請願が否決され,敗北に終わったが,北部工業諸都市でのゼネストは騒擾(そうじよう)状態になり,軍隊の派遣により鎮圧された。…

※「チャーチスト運動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャーチスト運動の関連キーワードオールトン=ロックメアリー=バートン一八四八年の革命オコンナーギャスケルオコナーゼネスト歳費

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android