ツェッペリン飛行船(読み)ツェッペリンひこうせん(英語表記)Zeppelin-Luftschiff

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェッペリン飛行船
ツェッペリンひこうせん
Zeppelin-Luftschiff

ドイツのツェッペリン飛行船会社が建造した硬式飛行船。退役軍人フェルディナンド・フォン・ツェッペリン伯爵 (1838~1917) が 1900年1号船 LZ1を完成し,その後次々に新しい飛行船をつくって実用化を目指した。第1次世界大戦中はベルギーやイギリスへの空襲に使われ,1929年に『ツェッペリン伯』号で世界一周飛行に成功,ドイツと南北アメリカとの定期運航も開始した。大型飛行船のキャビンは海面を走る客船と同様,豪華な食事や音楽を楽しむことができ,船よりも速く大洋を横断した。しかし 1937年5月6日夕刻,大西洋を渡ってきた『ヒンデンブルク号』 LZ129がアメリカ合衆国のニュージャージー州レイクハーストに到着したとき,繋留索を地上におろした瞬間,おそらくは気嚢の塗料が静電気によって火を発し,内部の水素ガスに引火して燃え上がり,36人の犠牲者を出した。この事故で,ツェッペリン飛行船は終焉を迎えた。 (→飛行船 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ツェッペリン‐ひこうせん〔‐ヒカウセン〕【ツェッペリン飛行船】

ツェッペリンが1900年に建造した初の硬式飛行船軽金属骨組の船体内に多数のガス嚢を収め、おおいを張ったもの。航空輸送に活躍。第一次大戦中は偵察爆撃に使用。1937年、ヒンデンブルク号の爆発事故でその使用は終わった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ツェッペリンひこうせん【ツェッペリン飛行船】

ツェッペリンによってつくられた硬式飛行船。ツェッペリン飛行船設計の偉大さは,浮揚用水素ガス袋と,空気力を受けもつ船体とを分離した点にある。それまでの軟式飛行船は,ガス袋そのものを船体としていたため,変形しやすく高速航行は不可能であった。ツェッペリンはアルミニウム合金の多角形の横材と縦通材で骨格をつくり,張線で補強し,その上へ羽布(麻または綿布)を張って流線形の船体を構成し,ガス袋は横材間に収めた。このような構造をもつ飛行船(硬式飛行船)は船体の外形を保持することができ,飛行機よりは遅いが,駆逐艦でも追尾不可能な高速を発揮,飛行船は実用的な空の輸送手段となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ツェッペリンひこうせん【ツェッペリン飛行船】

浮揚用ガス袋と船体を分離して、高速・大型化を可能にした硬式飛行船。ツェッペリンが1900年に製造、初飛行。航空輸送に利用され、第一次大戦では偵察や爆撃に使われたが、1937年のヒンデンブルク号の事故を機に使われなくなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ツェッペリン‐ひこうせん ‥ヒカウセン【ツェッペリン飛行船】

〘名〙 ツェッペリンが発明したドイツの硬式飛行船。一九〇〇年第一号が完成。第一次大戦中には爆撃、偵察などに利用された。一九二八年建造のツェッペリン号は一九二九年八月一五日、ドイツから、東京・ロサンゼルスなどを経て、三八三九九キロメートルのコースを二〇日三時間一七分(実飛行時間三二〇時間二〇分)で飛び、旅客用としても活躍した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のツェッペリン飛行船の言及

【航空】より

…しかし初期のものは大馬力の動力装置を積む余力がないためスピードが遅く,少し風があると航行困難になった。20世紀に入って,ドイツのF.ツェッペリンの硬式飛行船が出現するにおよんで,その性能は飛躍的に向上し,1910年からは,20~25人乗りのツェッペリン飛行船により,ドイツ国内の各都市を結ぶ世界最初の有償航空旅客輸送が始められた。この運航は第1次世界大戦の始まる14年まで続き,3万4000人を運んだ。…

※「ツェッペリン飛行船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツェッペリン飛行船の関連情報