コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツタ(蔦) ツタ Parthenocissus tricuspidata; Japanese ivy

3件 の用語解説(ツタ(蔦)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツタ(蔦)
ツタ
Parthenocissus tricuspidata; Japanese ivy

ブドウ科の落葉つる性低木。日本,朝鮮半島および中国に分布し,岩壁や山林などに自生するが,人家の石垣や壁にはわせて栽植される。葉と対生して巻きひげが生じ,巻きひげの先端は円形の吸盤になり他物に吸着する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツタ(蔦)【ツタ】

ナツヅタとも。北海道〜九州,朝鮮半島,中国に分布するブドウ科のつる性落葉樹。庭木や盆栽にされる。巻きひげの先に吸盤があって石や木にからむ。葉は柄が長く,短枝(花のつく枝)のものは広卵形で大きく3裂し,長枝のものは広卵形か3小葉。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ツタ【ツタ(蔦) Japanese ivy】

日本の山野に自生するブドウ科の落葉の木本性つる植物イラスト)。紅葉が美しいので世界的に観賞用に栽培される。夏の葉も観賞するので,キヅタの別名フユヅタに対してナツヅタの別名もある。和名は〈伝う〉に由来したらしい。円形吸盤のついた巻きひげで他の物に吸着し,からむ。葉は有柄で長く,互生で,単葉か分裂して3裂する。質は厚く光沢があって,秋に紅葉し,葉柄を残して落葉し,後に葉柄も落ちる。花は6~7月に短枝の頂芽に花穂をつけ,黄緑色の小花を多く咲かせ,花弁は5枚で雌雄同花

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツタ(蔦)の関連キーワードクリ(栗)かんこの木山茶楤の木山葡萄胡麻木科の木丸葉の木ウワミズザクラエビヅル

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone