コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツタ(蔦) ツタParthenocissus tricuspidata; Japanese ivy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツタ(蔦)
ツタ
Parthenocissus tricuspidata; Japanese ivy

ブドウ科の落葉つる性低木。日本,朝鮮半島および中国に分布し,岩壁や山林などに自生するが,人家の石垣や壁にはわせて栽植される。葉と対生して巻きひげが生じ,巻きひげの先端は円形の吸盤になり他物に吸着する。葉は卵形で長い葉柄をもち,普通単葉で,しばしば3裂あるいは3出複葉など変化が多い。葉柄上部に関節があり,落葉の際にはまず葉片が落ち,次いで葉柄が落ちる。花は夏に咲き,短枝の先端に円錐状集散花序をなして黄緑色の両性の小花をつける。果実は液果で径 5mmほどの球形,黒紫色に熟するが食べられない。平安時代の頃,幹からとった液を甘味料としたのでアマヅラまたはアマヅルといい,また落葉性のためナツヅタともいう。北アメリカ原産の別種アメリカヅタは葉が5小葉から成る複葉で,日本でもよく栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ツタ(蔦)【ツタ】

ナツヅタとも。北海道〜九州,朝鮮半島,中国に分布するブドウ科のつる性落葉樹。庭木や盆栽にされる。巻きひげの先に吸盤があって石や木にからむ。葉は柄が長く,短枝(花のつく枝)のものは広卵形で大きく3裂し,長枝のものは広卵形か3小葉。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツタ【ツタ(蔦) Japanese ivy】

日本の山野に自生するブドウ科の落葉の木本性つる植物(イラスト)。紅葉が美しいので世界的に観賞用に栽培される。夏の葉も観賞するので,キヅタの別名フユヅタに対してナツヅタの別名もある。和名は〈伝う〉に由来したらしい。円形吸盤のついた巻きひげで他の物に吸着し,からむ。葉は有柄で長く,互生で,単葉か分裂して3裂する。質は厚く光沢があって,秋に紅葉し,葉柄を残して落葉し,後に葉柄も落ちる。花は6~7月に短枝の頂芽に花穂をつけ,黄緑色の小花を多く咲かせ,花弁は5枚で雌雄同花。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ツタ(蔦)の関連キーワードキヅタ(木蔦)アイビーリーグ

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android