コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツチトリモチ

3件 の用語解説(ツチトリモチの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ツチトリモチ

ツチトリモチ科の多年草ハイノキ科常緑樹,とくにクロキの根に寄生し,本州(紀伊半島)〜沖縄に分布する。全形キノコに似る。血赤色で,葉緑素をもたず,高さ5〜10cm,茎は皮目のある不正球状の塊根から直立し,多肉でふつう分枝せず,数個の鱗片をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ツチトリモチ【Balanophora japonica Makino】

完全寄生するツチトリモチ科の植物(イラスト)。常緑のハイノキ属の根に接着する塊状茎から,赤色で楕円形の花穂をもつ花茎を出す。その花穂の表面は粒状の棍状体の集合であるが,棍状体の基部には微小な子房が密生している。これは雌花の退化したもので,子房中には1個の胚珠があり,単為生殖で種子ができる。微細な種子は少数細胞の胚乳と,単細胞で代表される胚からなる。花穂上には雄花は全くない。完熟した種子は寄主の細い根に接着して小塊状となり,10年くらいを経て塊状部がこぶし大になるとその中に花茎を生じ,花茎は塊状茎を破って現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツチトリモチ
つちとりもち / 土鳥黐
[学]Balanophora japonica Makino

ツチトリモチ科の多年生寄生植物地下茎は塊状で径2~3センチメートル茶褐色で白色の皮目状の隆点がある。花茎は丸く、直立し、花序を含めて高さ5~10センチメートルで、褐赤色の鱗片(りんぺん)葉を密に互生する。鱗片葉はやや直立し、肉質で広卵形または長楕円(ちょうだえん)形。10~12月、単一で肥厚な狭卵形またはやや卵形の肉穂花序を頂生する。花序は橙赤(とうせき)色、長さ3~6センチメートル、径2~3センチメートル、表面に微細な黄色の雌花のみを密生する。しかし雌花は、卵円形の小球体に覆われるため、外からは見えない。子房は有柄で楕円形、小形で上端に線形の花柱がある。雌雄異株であるが、雄株はいまだ発見されていない。山林内でハイノキ、クロキなどの根に寄生し、紀伊半島、四国、九州、奄美(あまみ)大島などの暖帯に分布する。名は、地下茎からとりもちをつくることに由来する。また、肉穂花序を坊主頭に見立て、山中に生えることから、ヤマデラボウズ(山寺坊主)の名もある。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツチトリモチの関連キーワード寄生根寄生植物トリコモナス寄生蠅青蜂全寄生土鳥黐半寄生飴蜂黐鳥

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone