コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツツガムシ病 ツツガムシびょう

百科事典マイペディアの解説

ツツガムシ病【ツツガムシびょう】

ツツガムシの幼虫に刺されて起こるリケッチアによる伝染病。特異な全身発疹と高熱を主徴とし,刺された局部に潰瘍(かいよう)をつくる。東南アジアに広く分布。日本では,アカツツガムシ,フトゲツツガムシ,タテツツガムシが媒介する。
→関連項目届出伝染病風土病プロテウス菌ベルツ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ツツガムシ病の関連キーワードケネス メランビーツツガムシ(恙虫)佐藤清(1)宮島 幹之助田宮 猛雄アカネズミ田中 敬助宮島幹之助日本紅斑熱川村麟也田中敬助外部寄生大友玄圭長与又郎緒方規雄伊藤泰一抗生物質七島熱ケダニ林直助

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツツガムシ病の関連情報