コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忌避剤 きひざい repellent

翻訳|repellent

7件 の用語解説(忌避剤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忌避剤
きひざい
repellent

昆虫,動物が忌避する薬剤。対象動物の臭覚や味覚による趨化性を利用したもので,獣類,鳥類を対象としたものが多い。昆虫を対象としたものはカ,シラミ,ダニなど人畜の吸血昆虫に対するもので,皮膚に塗布するか,衣類にしみこませて用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きひ‐ざい【忌避剤】

有害動物の嫌う成分を用い、害虫・害獣などが近寄らないようにする薬剤。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

忌避剤【きひざい】

昆虫や小動物を寄せつけない作用をもつ薬剤。昆虫忌避剤が最も一般的で,ジエチルトルアミド,ジメチルフタレートなどを主剤としたローションクリームを,人体の露出した皮膚に直接,あるいはエーロゾルで塗る。
→関連項目農薬ブユ防虫剤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

忌避剤

 殺虫剤と異なり,害虫を追いやる作用のある薬剤.ジメチルフタレート,ジブチルフタレートなど.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きひざい【忌避剤 repellent】

有害動物に忌避行動をとらせる薬剤。カ,シラミ,ダニなどの衛生害虫の忌避剤として,ジメチルフタレート,2‐エチル‐1,3‐ヘキサンジオール,N,N‐ジエチル‐m‐トルイルアミドなどが知られている。果樹に害を与える吸汁性のヤガの忌避剤にはテトラヒドロチオフェンが,果樹や木材の幹を加害するネズミ,ノウサギなどの忌避剤にはβ‐ナフトールクレオソート抗生物質シクロヘキシミドや殺菌剤のチラムが用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きひざい【忌避剤】

害虫などを近づけさせないために用いる薬剤。昆虫類がそのにおいや味を嫌ってさける性質を利用したもの。 → 誘引ゆういん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忌避剤
きひざい

好ましくない虫や獣を近づけないことを目的に用いる薬剤で、リペレントrepellentともいう。カ、アブ、ブユ(ブヨ)、ノミ、ナンキンムシ、ダニ、サシバエなどの虫刺されの予防に用いられるものに、ジエチルアミド・ジ-N-プロピルイソシンコメロネート、2345-ビス(Δ2-ブチレン)テトラヒドロフルフラール、イソシンコメロン酸ジノルマルプロピル、N-オクチル-ビシクロヘプテン・ジカルボキシイミドなどがあり、これらを含有するスプレー、ローション、クリームが市販されている。顔、首すじ、腕、足など皮膚の露出部に塗布または噴霧する。そのほか、衣服の袖(そで)口、裾(すそ)などの内側にしみ込ませて使用することもある。
 ネズミや野兎(やと)に対する忌避剤にはβ-ナフトールやシクロヘキシミドがある。これらの作用は味覚忌避であり、ネズミや野兎がかじって初めて効果を発揮するもので、電線やガスホース、家具などには有効であるが、単に通路にしている所では効果が期待できない。シクロヘキシミドを0.2%含有するスプレーが市販されている。[幸保文治・村田道雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の忌避剤の言及

【忌避物質】より

…生物体がつくる物質のうち,動物の摂食行動や産卵行動を抑制する働きをもつもの。特に昆虫の産卵場所の選択,食物選択において,その物質が含まれる生物を避けるように作用する物質を指して使われることが多い。昆虫は,成虫期の産卵場所の選択と,幼生期の発育のための食物選択において,特定の寄主を正しく選ぶ必要がある。成虫がある一定の寄主を選んで産卵することを保証されている機構として,寄主に含まれる産卵刺激物質(誘引物質)があるが,さらに寄主以外の植物,昆虫に含まれる忌避物質が産卵行動を阻害することによっていっそう強化されている。…

※「忌避剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

忌避剤の関連キーワード鍵刺激燻らせる神経を尖らせる取らせる握らせる紛らせる遣らせる遅らせる試し行動攻撃性

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忌避剤の関連情報