コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツバル ツバル Tuvalu

翻訳|Tuvalu

6件 の用語解説(ツバルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツバル
ツバル
Tuvalu

正式名称 ツバル。旧称エリス Ellice諸島。面積 25.6km2。人口 1万1200(2011推計)。首都 フナフティ南太平洋,南緯5°30′から 11°,東経 176°から 180°の海域に散在する島群からなる国。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ツバル(Tuvalu)

太平洋上の島国。旧称エリス諸島。首都はフナフチ赤道日付変更線の近くに散在する九つの環礁からなる。英国から1978年に独立し、英連邦加盟国。住民はポリネシア系。人口1万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ツバル

◎正式名称−ツバルTuvalu。◎面積−26km2。◎人口−9652人(2006)。◎首都−フナフティFunafuti(4000人,2002)。◎住民−ポリネシア系。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ツバル【Tuvalu】

正式名称=ツバルTuvalu面積=26km2人口(1996)=9500人首都=フナフティFunafuti(日本との時差=+3時間)主要言語=ツバル語,英語通貨=オーストラリア・ドルAustralian Dollar南太平洋,ポリネシアの西端,南緯5゜~11゜,東経176゜~180゜に存在する九つの環礁からなる独立国。バチカンモナコナウルに次いで4番目に小さい国である。旧称エリス諸島Ellice Islands。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ツバル【Tuvalu】

南太平洋、エリス諸島を領土とする国。1978年イギリスから独立。コプラを産する。住民はポリネシア人。首都フナフチ。面積30平方キロメートル。人口1万( 2003)。正称、ツバル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツバル
つばる
Tuvalu 英語 ツバル語

南半球の赤道のすぐ南に位置し、日付変更線の西側に隣接する小さな諸島国家。イギリスの植民地時代はギルバート・エリス諸島の一部をなし、そのエリス諸島が独立国ツバルとなった。九つの環礁島からなる国土はすべて合わせても26平方キロメートルにすぎず、隣国ナウルに次いで世界で四番目に小さい。人口は1万(2005年推計)、1万1126(2007年、ツバル政府統計)。1978年、ギルバート諸島を切り離して独立した。21世紀に入り地球温暖化議論が盛んになるなかで、水没の危機にある島として知れわたり世界中の注目を集めることになった。首都はフナフティ(フナフティ環礁のフォンガファレ島)。[小林 泉]

自然・地誌

南北560キロメートルに点在する九つの島はいずれも平坦なサンゴ礁島で、最高点でも海抜数メートル。陸地が少ないうえにサンゴ質の土壌は農耕には適さないために、バナナ、ココヤシ、いも類など数少ない食用植物が育つだけで居住可能人口は限られていた。首都が置かれているフナフティ環礁は3平方キロメートルで、その中の三日月状の最大陸地がフォンガファレ島で面積は0.88平方キロメートルである。これは東京ドーム19個分の広さであるが、ここに全国民の半数が居住し、飼育するブタも5000頭を超える。さらにこの狭い空間に、飛行場、政府庁舎、病院、学校等々の首都機能のすべてが集中しているので、その過密ぶりは日本をも上回る。
 熱帯海洋性気候で、平均の年間降水量は3000ミリメートルと比較的多い。人々の暮らしはこの天水と環礁地下にたまったレンズ水(サンゴ礁に浸透した雨水が、比重差によって海水の上に薄くレンズ状に浮いた状態の水)からくみ上げる井戸に頼っている。
 東半球の東端に位置するが、住民は文化的・民族的にもポリネシア人である。イギリスに一括植民地統治されていた隣国キリバス(ギルバート諸島)と分離独立したのも、ミクロネシア人と一つの国家を建設することに抵抗があったからである。ポリネシア人の団結、これが「八つの集団」を意味するツバルという国名になった。島は九つあるが、最南端のニウラキタは無人島であった。[小林 泉]

歴史

1568年、スペインの探検家アルバロ・デ・メンダーニアがヌイ島に上陸したのが西洋人による最初の記録である。その後、次々とほかの島々も確認されていったが、1819年にはアメリカ人探検家デ・パイスターがフナフティ環礁を知り、船主の名にちなんでエリス島と命名した。このあたりは19世紀中盤に行われた奴隷貿易の舞台となり、主として男たちがペルー、ハワイ、タヒチなどに労働力として強制移民させられた歴史をもつ。1892年、イギリスはギルバート諸島とともに保護領化し、さらに1915年にギルバート・エリス諸島として植民地化した。
 イギリスが保護領化した当時の報告書には、フナフティ環礁のフォンガファレ島は大半が湿地帯で、200人程度が住んでいたとある。アメリカがこの湿地帯に海兵隊を送り込んでわずか5週間で簡易埋立て舗装の滑走路を造成したのは太平洋戦争中の1942年、隣のギルバート諸島まで進軍してきた日本軍に対抗するための緊急措置であった。独立時にフォンガファレ島に首都を置くことにした最大の理由は、他地域との窓口となる飛行場があったからである。
 1970年代、イギリスは太平洋島嶼(とうしょ)地域の植民地を独立させる政策をとった。その際にエリス諸島住民は、ミクロネシア人が住むギルバート諸島との一括独立を嫌い、住民投票により分離の道を選択し、1978年ポリネシア人の国ツバルが誕生した。[小林 泉]

政治

政体はイギリス女王(国王)を国家元首とする立憲君主制で、ツバル人の総督がこれを代行する。議院内閣制を採用し、国会は一院制で議席数は15、議員の任期は4年。政党はなく、国内に政策路線の異なる政治対立もないかわりに、出身地域利害や人間関係の好みによる政治グループが形成されやすく、これが国内政治を不安定にしている。イギリス連邦加盟国。
 近年、水没の危機にひんした国として国際的に注目を集め、首相は外国や国際機関から援助を取り付ける手腕が問われており、地球環境問題に関連する各種国際会議で積極的にアピールする機会も増えている。2000年には国連に加盟し、国連本部のあるニューヨークに常駐の国連大使を送っている。[小林 泉]

経済・社会

従来の国民生活は自給自足の非貨幣経済下にあったため、税収では国家財政の維持はできない。そこで、信託基金の運用益、排他的経済水域内の入漁料、ドメインコード「.tv」使用権貸出料、切手販売収入、外国からの援助などをおもな政府財源としている。国民は、公務員や政府関連事業での給与収入、出稼ぎ労働者の本国送金、コプラ(ココヤシの果実の胚乳を乾燥させたもの)や若干の漁獲収入で生計を立てている。首都周辺の生活物資は、ほとんどが輸入製品であるため物価は高い。国連データによると国民1人当りのGNI(国民総所得)は3213ドル(2009)であるが、国内にみるべき産業実態がないことや首都圏以外では自給的農漁業への依存度が高い社会なので、現金所得水準から経済実態を把握するのは難しい。むしろ原初的な富(自然資産)と送金に支えられて、人々の暮らしは平和で豊かにさえみえる。
 ところが、実際には独立以来の近代化路線がこの国の将来に不安と危機を招来させている。1973年には871人であったフナフティの人口が2011年時点では5000人超となり、廃棄物の増大、海洋汚染、住居地不足等々がさまざまな問題を引き起こしているからである。海岸の浸食や床上浸水も、温暖化による海面上昇の影響よりも過剰人口による直接的な環境破壊行為が原因であるといわれている。大潮のときに地面から水が噴き出す現象は、アメリカ軍が簡易埋め立てして造成した飛行場近辺では1950年代から続いていた。そこで政府は、開発の一極集中の弊害を是正するため、離島開発やニュージーランドなどへの海外居住の道を探ろうとしている。フナフティ環礁に集中する都市化への波を食い止めなければ、本当に水没しかねないとの危機感があるからである。使用通貨はオーストラリア・ドル。
 言語は英語、ツバル語が使われており、宗教はキリスト教プロテスタント。
 教育は、7歳から就学する初等教育7年間が義務教育であり、後半からは完全に英語での教育に移行する。その後は6年制の中学校が設けられている。国内の高等教育機関としては、南太平洋大学(本校はフィジー)の分校とオーストラリアの援助で建てられた船員養成学校がある。[小林 泉]

日本との関係

太平洋戦争時、フナフティ環礁はアメリカ軍が飛行場を建設して日本軍と対峙(たいじ)していたため、日本軍の爆撃を9回ほど受けている。その後の交流はほとんどなかったが、日本は1978年(昭和53)のツバル独立とともに国家承認し、翌1979年には外交関係を樹立した。日本のODA(政府開発援助)拠出は無償資金協力・技術協力をあわせ2009年(平成21)までの累積で82.03億円が実施された。管轄公館は駐フィジー日本大使が兼轄している。
 民間部門では、2009年実績でツバルから日本への輸出は、おもに魚貝類8000万円と小規模であるが、漁業協定を締結して日本漁船が操業するなどの関係が続いている。日本からの輸入は65億円である。日本には、東京と大阪にそれぞれ独自の民間交流活動を進めるツバルとの友好協会がある。[小林 泉]
『もんでん奈津代著『子連れ南の島暮らし』(2010・人文書院) ▽技廣淳子・小林誠著『笑顔の国、ツバルで考えたこと』(2011・英治出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツバルの関連キーワードキリバスバルバドス船島ウングジャ島一月場所九月場所五月場所三月場所七月場所十一月場所

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ツバルの関連情報