コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティエール Thiers, (Louis-) Adolphe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティエール
Thiers, (Louis-) Adolphe

[生]1797.4.18. マルセイユ
[没]1877.9.3. セーヌエオアーズ,サンジェルマンアンレ
フランスの政治家,歴史家。大学では法律を学び,1821年パリに出てブルジョア共和派の機関誌『ナショナル』を発行したが,30年の七月勅令に抗議し七月革命の発端をつくった。 34年と 40年に首相をつとめた。 48年二月革命後保守派の指導者となり,大統領選挙ではナポレオン3世に投票したが,共和派の勢力弱体化をねらう反動立法に賛成してナポレオンと対立,51年 12月のクーデター後亡命。 53年帰国し,その後 10年間は引退生活をおくりつつもオルレアン王朝派と手を握り,第二帝政の内外政策をきびしく糾弾した。国防政府の崩壊後,71年2月 17日議会よりフランス共和国行政官に任命され,普仏戦争処理のためにドイツとフランクフルト講和条約を批准した。同年3月 18日パリ・コミューンが起ると,ベルサイユに逃れ,ビスマルクの援助を受けてパリ・コミューンを崩壊させ,同年8月大統領に就任。彼はフランスの再建を考え,共和政を主張したが,王党派の攻撃を受けて 73年5月失脚。歴史家としては『フランス革命史』 Histoire de la Révolution française (10巻,23~27) と『統領政府と帝政の歴史』 Histoire du Consulat et de l'Empire (20巻,45~62) の著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ティエール

フランスの政治家,歴史家。《フランス革命史》(1823年―1827年)を著すかたわら王政復古期の反動政治を批判。七月王政下で2度首相。ギゾーの政敵で,第二共和政では保守派。
→関連項目租税保険説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティエール【Thiers】

フランス中部,マシフ・サントラル(中央山地)山麓のピュイ・ド・ドーム県の都市。人口1万6820(1982)。ドール川支流のデュロル川に臨む。市内には15~16世紀に建てられた古い家屋が多い。ロマネスクとゴシック式のサン・ジュネス教会(12~15世紀)があり,郊外にはロマネスク様式のムティエ教会,ベネディクト会の修道院がある。フランスでは,重要な刃物製造の中心地であり,医療器械,ステンレス製の食器などの製造も盛んである。

ティエール【Louis Adolphe Thiers】

1797‐1877
フランスの政治家。ブルジョアジーの柱石といわれ,第三共和政の成立に力を尽くし,初代の大統領となった。彼ははじめ王政復古期(1814‐30)のフランスで極右王党派と対立する自由派の代議士や銀行家のラフィットなどと親密となった。1824年から27年にかけて《フランス革命史Histoire de la Révolution》全10巻を書き,その自由派の立場に立った文筆の才で名声を得,30年1月にミニエーとともに新聞《ナシヨナル》を創刊した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ティエール【Louis-Adolphe Thiers】

1797~1877) フランスの政治家・歴史家。「フランス革命史」で制限君主制を主張、七月王政に貢献。第二帝政崩壊後の首班としてパリ-コミューンを弾圧。第三共和制初代大統領となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティエール
てぃえーる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のティエールの言及

【第三共和政】より


[共和政の成立]
 第三共和政の特徴はその成立過程のうちによく表現されている。1870年9月の普仏戦争で第二帝政が崩壊し,パリに共和派の国防政府が成立,翌年ボルドーに国民議会が成立し,ティエールが臨時の元首である行政長官に任じられた。パリ・コミューンの民衆蜂起に直面した彼は,これを鎮圧するとともに,革命の再発を回避する役割を果たすのは共和政以外にないと認識するにいたった。…

※「ティエール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ティエールの関連キーワード文学史におけるジャンルの進化エギュイユ・ベルト[峰]ペール・ラシェーズ墓地シャルル デュフレーヌタルマン・デ・レオーロベール メナールマシフ・サントラルラ・フォンテーヌピュイドドーム県ホアン ヘノベスパリコミューンエギーユベルトシャルル10世ダニー ブーンヌーシャテル湖デュフォールマティエール牛島 信明制限君主制モンブラン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android