コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティサ[川] ティサ

百科事典マイペディアの解説

ティサ[川]【ティサ】

ハンガリー東部を南北に貫流するドナウ川の支流。セルビア・クロアチア語でティサTisa。全長966km。ウクライナ西部のカルパティア山脈に発し,ハンガリー大平原を潤してセルビアに入り,ベオグラードの北方約45kmでドナウ川に合流する。
→関連項目セルビア・モンテネグロハンガリー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティサ[川]【Tisza】

ドナウ川の支流で,ハンガリー東部を流れる川。全長997km。このうちハンガリー国内は579km。ドイツ語でTheiss,セルビア・クロアチア語でTisa。カルパチ山脈の東部(ウクライナ)に発し,ハンガリー平原を流れ,ユーゴスラビアに入り,ベオグラードの北北西45kmでドナウ川に合流する。流域が広く,古くから春さきによく洪水を起こした。とくに1879年の洪水はセゲド市を全滅させた。やがて治水が進み,運河も開かれ,ハンガリー大平原の灌漑に役立っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android