コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティヤ Tiya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティヤ
Tiya

エチオピア南西部,アバヤ湖の北側にある小村草原の広がる地帯に位置するが,その草原のなかに謎の石碑が点在する。その表面には剣,幾何学模様をはじめとするさまざまなモチーフの彫刻が施されているが,だれがいつ何の目的で作成したものか特定できていない。 20世紀初頭に発見され,現在まで近隣を含め 160基の石碑が確認され,うちティヤには 36基が散在している。大きなものは 5mに及び,36基のうち大半には金属性の道具を用いた浮彫が施されている。 1980年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ティヤ(Tiya)

エチオピア南西部の村。首都アジスアベバの南西約260キロメートルに位置する。村の周辺で、解読されていない文字や幾何学模様、剣や枕などの浮き彫りが刻まれた、来歴が不明の石碑群が発見されており、考古学上、重要な地域とされる。1980年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産詳解の解説

ティヤ

1980年に登録されたエチオピアの世界遺産(文化遺産)で、首都アジスアベバの南西約230kmにある考古学遺跡群。1基を除いて半球形か円錐形で、多くの表面に幾何学文様や戦闘用の剣などが刻まれた石碑36基が散在している。古代エチオピアの代表的な遺跡と考えられるが、造られた時代、意味などは不明。1905年に本格的な調査が始まった。考古学上、重要な遺跡として評価され、世界遺産に登録された。◇英名はTiya

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

ティヤの関連キーワードモハンダス・カラムチャンド ガンディーシンハーサナ・ドゥバートリンシカーエディット・ピアフ/愛の賛歌ミッドナイト・イン・パリカンタカチャイッティヤカンタカチェーティヤバーラタナーティヤムウダワラウェ国立公園イサドール シンガーカーティアワール半島ビラアンジョリーナラマリンガ ラジュラージパト・ラーイカルピティヤ半島プラティスヤロスユダ・マカベアサンドラの週末モヒニアッタムカールリー石窟ゴーパル ベヌ

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android