コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティラク ティラク Tilak, Bāl Gangādhar

6件 の用語解説(ティラクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティラク
ティラク
Tilak, Bāl Gangādhar

[生]1856.7.23. ラトナギリ
[没]1920.8.1. ボンベイ
インド民族運動の指導者。デカンカレッジで文学と法律を学び,卒業後,英語学校を創設した。また 1880年プーナで英語紙『マラータ』,マラーティー語紙『ケーサリー』を発行し,民族的自覚を高揚した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ティラク(Bāl Gangādhar Tilak)

[1856~1920]インド独立運動の指導者・思想家スワラジ(独立)を民族の権利として主張し、ベンガル分割法に対して国民会議派の民族派の領袖として反対運動を指導。ビルマ流刑後も独立運動に尽くした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ティラク

インド独立運動の指導者。1890年《ケサーリー》紙を発刊,英国支配を攻撃し,独立運動の組織化に活躍した。国民会議派の中でも急進派を形成して,スワデーシー(国産品愛用),スワラージ(自治)を主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ティラク【Bāḷ Gangādhar Ṭiḷak】

1856‐1920
近代インドの政治家,思想家。西部インドのマハーラーシュトラ州プネー(プーナ)出身。教育者として出発したあと,20世紀初頭のインド民族運動の中で急進的民族派グループの最大の指導者となる。その主宰する新聞《ケーサリー》と《マラーターMarāthā》はインドの代表的民族紙として反英闘争の強力な武器となる。スワラージ(独立)こそ民族の生得の権利であり,これの獲得は義務であるとの思想をインド人民の心に焼きつけ,スワデーシー(民族産業奨励),イギリス商品排斥,民族教育を掲げて運動を展開。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ティラク【Bāl Gangādhar Tilak】

1856~1920) 近代インドの独立運動家。ベンガル分割に反対し、民衆の反英意識を背景に国民会議派の中の急進派として独立運動を指導。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティラク
てぃらく
Bl Gangdhar Tilak
(1856―1920)

インドの思想家、独立運動の指導者。マラータ州のプーナに生まれる。21歳でデカン・カレッジを卒業後、1880年私立高校を創設して、教育活動に従事。また、英語紙『マハラッタ』とマラーティー語紙『ケーサリ(獅子(しし))』を創刊し、インドの伝統を強調し、民族独立運動の論陣を張った。一方、彼は学者であって、古代バラモン哲学に関する数多くの論文を発表し、また『バガバッド・ギーター』に対する注釈書を刊行した。このような学究活動を媒介にして、過激な政治思想と民族意識を身につけ、イギリスのインド支配を攻撃し、スワラージ(独立)は民族の生得の権利であると主張するに至った。1895年に、マラータ王国の英雄シバージーの200年祭で彼が行った演説は、多くの青年たちを反英独立闘争に参加させる契機となった。ついで1905年に始まるベンガル分割法をめぐる反英闘争においては、過激派の指導者として活躍し、ゴーカレーらの穏健派の指導者と鋭く対立した。1908年、この反英闘争によって逮捕され、6年間の禁錮(きんこ)刑を科せられてビルマ(現ミャンマー)のマンダレーに流刑となった。1914年に出獄、そして1916年には自治連盟を結成し、独立運動を続けた。彼の死後、その運動を継承したのはインド独立の父M・K・ガンディーであった。著書に『ギーター・ラハスヤ』がある。[増原良彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のティラクの言及

【ケーサリー】より

…ケーサリーは〈獅子〉を意味する。デカン教育協会を設立し,プネー(プーナ)市を中心に民族教育普及につとめていたV.チプルンカル,ティラク,G.アーガルカルらは1881年1月に英字紙《マラーター》とこの《ケーサリー》の発刊に踏み切る。両者は特にティラクの主宰下で,19世紀末から20世紀初頭に急進的民族主義思想を掲げるオピニオン・リーダーとして世論を喚起した。…

【スワラージ】より

…しかし近現代インド史では一般に〈民族の(政治的)独立〉を意味するといってよい。1905年から始まるベンガル分割反対闘争の中でマハーラーシュトラのティラクがスワラージのスローガンを打ち出し,外国商品ボイコット,インド産業の発展奨励をうたうスワデーシーおよび民族教育をその目的達成のための具体的活動プログラムとした。このプログラムは06年の国民会議派カルカッタ大会で議長ダーダーバーイー・ナオロージーによって提起され,採択された。…

【ヒンドゥー教】より

…また寺院に参拝したときに,バラモン僧が祝福の印としてクンクムをつけてくれることがある。また男性はビャクダンまたはサフランの粉末を油で練って,煤を混ぜて黒色にしたティラクと称する印を額に付けることもある。伝統的には,とくにバラモンの高僧に会うときには,男子はドーティと称するインド服を,女子は1枚の縫目の無い布から作られたサリーを着用する。…

※「ティラク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ティラクの関連キーワードインド綿カシミール語スンガバーラトプラサドインド更紗東インドインドの青鬼インドの舞姫ナオロージー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ティラクの関連情報