テイヤール・ド・シャルダン(英語表記)Pierre Teilhard de Chardin

世界大百科事典 第2版の解説

テイヤール・ド・シャルダン【Pierre Teilhard de Chardin】

1881‐1955
フランスのカトリック司祭イエズス会士,古生物学者。近代自然科学の世界観,とくに進化論的世界観とキリスト教的世界観を総合することを提唱し,その実現をめざした。イギリス哲学神学を学び,司祭になり,帰国後M.ブールの下で古生物学を研究。第1次世界大戦では看護兵として徴集され,戦後ソルボンヌ大学で博士号を取得。パリ・カトリック大学で短期間教鞭を執った後,1923年から46年まで中国地理学会の顧問として中国,アジア北部の古生物学と層位学の研究に従事し,この間周口店洞穴の発掘調査に参加したほか,中央アジア,インドビルマなどへの数多くの探検に参加している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のテイヤール・ド・シャルダンの言及

【物活論】より

…のち自然の非生命性,非自動性を主張する近代の機械論的自然観が支配的となった時期に,カントは物活論を,自然科学の基礎としての惰性律に反するとして批判した。現代では,A.N.ホワイトヘッド,テイヤール・ド・シャルダンらもある意味で物活論的思考の系譜に置いてみることができよう。生気論【広川 洋一】。…

※「テイヤール・ド・シャルダン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android