コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テテ テテ Tete

3件 の用語解説(テテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テテ
テテ
Tete

モザンビーク中西部の都市。テテ県の行政庁所在地ベイラ北北西約 420km,ザンベジ川沿岸に位置。 1506年頃ポルトガル人が付近で金を発見,金と象牙の交易所を設けたのが町の起源で,31年に町が建設され,17世紀中頃にはポルトガル人の内陸への重要な進出基地となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

テテ(Tete)

モザンビーク北西部の都市。テテ州の州都。ザンベジ川南岸に位置する。古くからアラブ人の交易拠点であり、16世紀にポルトガル人の町が建設され、奴隷貿易および伝道の中心地になった。全長1キロメートル吊り橋や世界有数の規模を誇るカボラバッサダムの水力発電所がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テテ
てて
Tete

アフリカ南東部、モザンビーク北西部にあるテテ州(人口114万9000。1997)の州都。ザンベジ川下流域の右岸に位置する。人口10万4832(1997)。かつてアラブ人およびポルトガル人奴隷商人奴隷狩りの中心地で、キリスト教伝道の基地でもあった。現在も多くの教会が残っている。18世紀に付近で金鉱脈が発見され、ゴールド・ラッシュが起こった。現在はザンベジ川をせき止めたカボラ・バッサ水力発電所のダム・サイトの町として知られる。[林 晃史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テテの関連キーワードケリマネデルガド岬ナカラムババネモザンビークモザンビーク解放戦線モザンビーク海流モザンビーク民族抵抗運動ネルスプリットモザンビーク[市]

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テテの関連情報