コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディキシーランド・ジャズ Dixieland Jazz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディキシーランド・ジャズ
Dixieland Jazz

1910年代後半からアメリカ合衆国のシカゴやニューヨークで流行したジャズの一種。ディキシーはアメリカ南部を意味する。ニューオーリンズの白人ジャズ奏者のなかから起り,1917年ニューヨークでキング・オリバーの率いる白人5人の「オリジナル・ディキシーランド・ジャズ楽団」によって紹介されたのが始りとされる。普通はドラム,バンジョー,ギター,ベース,チューバ,ピアノなどによるラグタイムのリズムに,トランペット,クラリネット,トロンボーンによる合奏,あるいは即興の独奏によって奏される。現在,ニューオーリンズ・ジャズと同一視されているが,初めは白人の楽団の演奏をディキシーランド・ジャズと呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ディキシーランド・ジャズ

一般に,発生当初のオリジナル・スタイルのジャズのこと。ニューオーリンズに発生したジャズは,黒人たちの小編成ブラスバンドの演奏が発展したもので,さらにブルースの音階とコード進行,ラグタイムや宗教歌(黒人霊歌など)などの要素がみられる。
→関連項目ディキシーランド

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディキシーランド・ジャズ
でぃきしーらんどじゃず
Dixieland jazz

ジャズ用語。「ディキシーランド」あるいは「ディキシー」はアメリカ南部諸州(とくに南北戦争で南軍側に加わった州)の俗称。ジャズでは、ルイジアナ州ニュー・オーリンズで誕生したもっとも初期のスタイルをさす。その特色は、行進のテンポを刻むドラムやチューバのリズムにのって、トロンボーン、トランペット、クラリネットの三管が即興的に崩したメロディーを交錯させ、対位法的な効果のあるアンサンブルを展開するところにある。リズムは四拍子の演奏でも二拍子の感じが強く、ツー・ビート・ジャズtwo beat jazzともよばれる。
 なお、古くはこのスタイルで、黒人が演奏するものをニュー・オーリンズ・ジャズ、白人が演奏するものをディキシーランド・ジャズと称していたが、しだいに区別しなくなり、今日では略して単にディキシー、あるいはトラディショナル・ジャズ(略してトラッド・ジャズ)とよんでいる。[青木 啓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ディキシーランド・ジャズの関連キーワードロバート・ディーン キンケイドベイスン・ストリート・ブルースアフリカン・アメリカン音楽トラディショナル・ジャズA.エディ コンドンティガーデンアメリアッチ聖者の行進サッチモ祭

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディキシーランド・ジャズの関連情報