コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディリクレ ディリクレ Dirichlet, Peter Gustav Lejeune

6件 の用語解説(ディリクレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディリクレ
ディリクレ
Dirichlet, Peter Gustav Lejeune

[生]1805.2.13. デューレン
[没]1859.5.5. ゲッティンゲン
ドイツの数学者。ディリクレ級数,代数的数論におけるディリクレの形式,方程式論におけるディリクレの定理,ポテンシャル論におけるディリクレ問題など,彼の名を冠した業績を多く残している。コローニュおよびパリで学び,ブレスラウ大学 (1827) ,ベルリン陸軍士官学校 (28) ,ベルリン大学の教授 (31~55) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ディリクレ(Peter Gustav Lejeune Dirichlet)

[1805~1859]ドイツの数学者。パリに学び、のちベルリン大学教授、ゲッティンゲン大学教授。ディリクレの素数定理フーリエ級数収束定理など数論・解析学の分野に大きな業績を残した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ディリクレ

ドイツの数学者。パリに留学し,ベルリン大学(1839年),ゲッティンゲン大学(1855年)各教授。ディリクレ級数を整数論に応用して解析的数論(整数論)をはじめ,ポテンシャル論でディリクレの問題を論じ,フーリエ級数の研究から関数の概念を変革するなど多くの業績をあげた。
→関連項目デデキント

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ディリクレ【Peter Gustav Lejeune Dirichlet】

1805‐59
数論,解析学の諸分野で19世紀前半の数学に重要な貢献をしたドイツの数学者。ドイツのデューレンに生まれ,1822年フランスに留学,25年五次不定方程式に関する論文をアカデミー・デ・シアンスに提出して認められる。26年にドイツにもどりブレスラウ大学私講師となる。28年ベルリン大学準教授,続いて教授となり,31年ベルリン科学アカデミー会員。そのころよりC.G.ヤコビと親交を結ぶ。55年C.F.ガウスの後任としてゲッティンゲン大学に招聘(しようへい)され赴任するが,4年後同地で病没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ディリクレ【Peter Gustav Lejeune Dirichlet】

1805~1859) ドイツの数学者。素数分布についてのディリクレの定理、フーリエ級数の収束定理、境界値問題など、数論・解析学の諸分野に大きな業績を残す。また、現代的な写像としての関数概念を提唱。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディリクレ
でぃりくれ
Peter Gustav Lejeune Dirichlet
(1805―1859)

ドイツの数学者。フランスからライン地方への移民の子孫で、アーヘン近くで生まれた。16歳で中学を終え、1822年からパリに遊学した。1826年、x5+y5=z5が整数解をもたないことを証明した。1828年ベルリン大学の講師になり、ガウスの死後、1855年からゲッティンゲン大学に移った。メンデルスゾーンの妹と結婚したため、家には音楽家や芸術家などが詰めかけ、大いに困ったといわれる。
 19世紀前半の著名な数学者の一人であり、その業績は多い。対応としての関数概念を初めて与えた。彼の名前を冠した数学上の概念や定理は多く、代表的なものとして、aとbが互いに素ならば、無限数列のa+b,a+2b,……,a+nb……のなかに無限に多くの素数がある。これは素数についての「ディリクレの定理」とよばれている。また、(n+1)人をn個の部屋に入れようとすれば、一つの部屋には2人以上入らなければならない、ということが「ディリクレの原理」として知られている。ほかにディリクレ級数、ディリクレの積分、調和関数を求めるディリクレ問題などがある。著作にはデーデキントがまとめたディリクレの『整数論講義』がある。[井関清志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のディリクレの言及

【実関数論】より

…コーシーは関数の概念を一応は一般的に定義したが,彼はまだ,式によって定義される関数という観念に,暗にとらわれていたようである。19世紀の中期になって,P.G.L.ディリクレが関数を数から数への対応として定義したことにより,一般の関数の概念が初めて確立された。また,コーシーの時代には極限の概念は確立していても一様収束の概念がなかったため,いくつかの誤った結果が導かれたが,N.H.アーベルによる一様収束の概念の発見によってそれらの問題点が明確になり,誤りは正された。…

【整数論】より

…この4乗剰余の相互法則の研究は,一般のnべき剰余の相互法則の研究として,アイゼンシュタイン,E.E.クンマーらに受け継がれて,D.ヒルベルトによる類体論の構想の中に組み入れられた。 P.G.L.ディリクレは当時,難解であったガウスの《数論研究》の内容を理解しやすいものにしようと努め,さらに整数論に重要な寄与をした。その一つは解析学を整数論に応用したことである。…

※「ディリクレ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ディリクレの関連キーワードアダマール解析学関数論実関数論実変数関数論ヒルベルトアティヤスメール高等数学一松信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone