コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカダン デカダン〈フランス〉décadent

2件 の用語解説(デカダンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

デカダン(〈フランス〉décadent)

[名・形動]
デカダンス1の芸術家。また、その芸術上の傾向。
退廃的な生活をする人。また、退廃的。「デカダンな風俗」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のデカダンの言及

【象徴主義】より

…とりわけ,86年9月8日の《フィガロ》紙に,モレアスが〈文学的宣言〉と題する文章を発表し,〈芸術における創造精神の現下の傾向を妥当に示すことのできる唯一のものとして,我々は〈象徴主義〉という名称をすでに提唱してきた〉と書いたのが,この用語を定着させる大きなきっかけになった。当時,ベルレーヌを敬愛する若い詩人たちによって,〈デカダン〉と名のるグループが結成される動きもあった。それは,時代を覆っていた科学的実証主義の風潮,あるいはまた物質優位の世界観に疑いをもちながら,衰頽しつつある世界において,倦怠,憂鬱にとらえられずにいられない内面の微妙な状態を表現することが,新しい詩人の役割とする考えかたに基づいていた。…

※「デカダン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デカダンの関連情報