コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウカエデ Acer buergerianum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウカエデ
Acer buergerianum

カエデ科の落葉高木。中国原産で観賞用として庭園などで栽植され,また都会の公園や街路樹としてよく植えられている。対生する葉の上部は浅く3裂し,裂片は全縁で若いときは白毛を有するが,のちに無毛となる。春に,散房状に淡黄色の小花をつける。果実をもち,翼はほとんど平行に開く。秋に美しく紅葉する。和名は中国から伝えられたことによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トウカエデ

中国原産のカエデ科の落葉高木。葉は対生し,薄く光沢があり,上方は浅く3裂,裏面は白っぽい。4〜5月,小枝の先に淡黄色の小さな5弁花を散房状につける。雌雄同株。果実の2枚の翼は平行か鋭角に開く。
→関連項目ハナノキ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウカエデ
とうかえで / 唐楓
[学]Acer buergerianum Miq.

カエデ科の落葉中高木。幹は凹凸が著しく、樹皮が薄片状にはげる。葉は対生する。葉身は長さ3~8センチメートルで上方が3裂し、縁(へり)に粗い鋸歯(きょし)があるが、成葉では葉の切れ込みが浅く、鋸歯が少ないか全縁になる。葉裏は白色を帯びる。冬芽の鱗片(りんぺん)は9~13対。雌雄同株。花は小さく、円錐(えんすい)花序に雄花と雌花が雑居する。花弁は5枚、萼片(がくへん)は5枚、雄しべは8本内外。果実は2翼があり、秋に熟す。中国南東部原産。じょうぶで大気汚染にも強く、紅葉するので、都市の街路樹に多用される。
 台湾に変種タイワントウカエデがあり、葉の切れ込みは浅いか無裂で、これを日本ではミヤサマカエデとよび、盆栽などにする。中国名は三角楓(さんかくふう)で、これは葉の裂片が三角形のためである。[緒方 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトウカエデの言及

【カエデ(楓)】より

…和名は翼のある果実をチドリにみたてたもの。(7)トウカエデA.buergerianum Miq.(イラスト) 唐楓の名が示すように原産地は中国東南部と台湾で,18世紀初めに渡来した。落葉中高木。…

※「トウカエデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トウカエデの関連キーワードジェントルマン・ジャックハナノキ(花之木)メープル・シロップメープルシュガーメープルシロップカエデ糖(楓糖)イタヤカエデサトウカエデサッカロース切れ込みヘラジカ楓・槭樹シロップ糖料作物カエデショ糖樹液国花砂糖緒方

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トウカエデの関連情報